h1

1704【ハタチ基金メルマガ】笑顔満開な新年度(コラボ・スクール事業)
2017年4月30日

===============================================================
1.【支援団体レポート】笑顔満開な新年度(コラボ・スクール事業)
2. その他のご支援方法について
3. 2017年3月のご寄付のご報告
===============================================================

東日本大震災や東京電力福島第1原発事故の発生後に生まれた子どもたちが
就学期を迎えています。

気仙沼市津谷小に入学する菅原君(6歳)は震災3日後の3月14日生まれ。
仮設住宅暮らしは4年4カ月、風呂にふたをする隣家の音も聞こえる狭い部屋で、
幸助君が泣き、他の兄弟が騒ぐたび、ご両親は神経をすり減らしたそうです。

「昔のことはよく分からない」と話す菅原君に、
母親は「理解できる年齢になったら」少しずつ津波の怖さや教訓を
伝えるつもりと話します。

<2011年3月生まれ>元気はじけて満点取るぞ(河北新報、2017/04/11)
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1062/20170411_05.html

1.【支援団体レポート】笑顔満開な新年度(コラボ・スクール事業)

ハタチ基金の支援団体の一つである認定NPO法人カタリバが運営する
コラボ・スクールは、東日本大震災で被災した子どもたちのための放課後学校です。

地震による被害が最も激しかった地域のひとつである
宮城県女川町と岩手県大槌町の2地域で運営。
震災により落ち着いて学ぶ場所を失った子どもたちに、
学習支援と心のケアを行っています。

今回のメルマガでは、コラボ・スクール女川向学館より、
新年度スタートの様子をお届けします。

長い冬が終わり、女川にもようやく春がやってきました。
女川の町は、いまが桜満開です!

向学館も新年度がはじまり、子どもたちはそれぞれ新しい学年になりました。

3月まで小学生だった子どもたちは中学生となり、
初めての授業に少し緊張しているようです。
中学生になると、向学館では2クラスに分かれて勉強をしていきます。
クラス発表を聞く表情は真剣そのもの。自分の名前を呼ばれると、
さまざまな歓声が上がりました。

この1年、このクラスでどんな出来事が起こるのでしょうか。
春に決めた目標を達成できるようにみんなでがんばっぺし!

夕方になると、賑やかな声が聞こえてきました。
「先生!久しぶり!」
新しい制服に身を包み、高校生となった子どもたちの登場です。
つい最近まで中学生だった子どもたちも、
高校生となり表情もぐっと大人っぽくなったように感じます。

「部活は写真部に入ろうと思う!」
「俺は勉強を頑張る」
「やっぱり女川のみんなと会うとほっとするな」
中学校の友達やスタッフとの再会に、嬉しそうな子どもたち。
女川では中学校を卒業すると、電車で隣町の高校まで通う子どもがほとんどです。
新しい学校に、新しい友達。
新しい生活がはじまったばかりの子どもたちは不安も多いようです。

今は少し不安でも受験という壁を乗り越えられたみんなならきっと大丈夫!
向学館は高校生になったみんなの成長も見守っていきます。

「笑顔満開な新年度」(コラボ・スクールブログより)
 https://www.collabo-school.net/news/onagawa/2017/04/20/20772/

2. その他のご支援方法について

▼呼びかけ人(毎月の継続寄付会員)として毎月支援する
 http://www.hatachikikin.com/shien/personal

▼都合に合わせて都度支援する
 http://www.hatachikikin.com/shien/tudo/donate

▼ハタチ基金へのご支援に繋がる
 「アマネカ・カスタム ハタチ基金チャリティーモデル」
 (ブックカバー)が発売中です。※数量限定
 http://jerrycole-design.com/amaneca/am-c4/am-c4-charity/

【ハタチ基金を周りの方に広めるご支援】

 ▼チャリティーイベント・商品についての事例ご紹介
  http://hatachikikin.com/charity

 ▼Facebook
  http://www.facebook.com/hatachikikin

 ▼Twitter
  http://twitter.com/hatachikikin

 ※「いいね!」やシェア、リツイートなどにご協力ください。

>>>

3. 2017年3月のご寄付のご報告

  ●寄付金額合計:8,873,782円
 ○呼びかけ人(継続):2,892,000円 1,211件
 (新規66名、退会9名)
 ○個人(都度):2,275,945円 107件
 ○法人・団体(都度):3,705,837円 44件
  ※都度寄付に関しては申込ベースの数値

>>>