遺産・相続財産のご寄付

ハタチ基金では遺贈や相続財産のご寄付も、有難く頂戴しております。

遺産(遺贈)によるご寄付

「遺贈」とは、遺言によって、ご自身の財産を無償で特定の個人や団体に譲渡することです。
遺産の贈与を考えている方が、ご自身の意思でハタチ基金へのご寄付を決定することができます。
遺言書において遺贈先にハタチ基金をご指定頂くことで、ご寄付を子ども・若者への教育活動へ使わせて頂くことができます。頂いたご寄付には、相続税が課税されません。
※遺言書の作成等については、弁護士などの専門家にお尋ね下さい。

相続財産によるご寄付

ご遺族の方から、相続された財産のご寄付のお申し出を受け付けております。
相続税の申告期限内(相続開始から10カ月以内)に頂いたご寄付には、相続税が課税されません。
申告の際は、当団体の「寄付金受領証明書」を添付していただく必要があります。
※相続税等の詳しい内容については、公認会計士や税理士などの専門家にお尋ね下さい。

お香典やお花料によるご寄付

お香典やお花料へのお返しの代わりのご寄付を、受け付けております。
葬儀に寄せられた皆様のお気持ちを、被災地の子どもたちへの教育活動へ使わせて頂きます。

税制優遇について

相続により財産を取得した方が、その取得財産等を相続税の申告期限内に寄付してくださった場合、一部の場合を除き、寄付金額には相続税が課税されません。

・相続税の申告書提出の際に、申告書に必要事項を記入し、当団体の発行する「寄付金受領証明書」を添付してください。
・この優遇措置を受けるためには、相続税の申告期限までに寄付をしていただく必要があります。