h1

1年のお礼と寄付月間特集「いますぐできる子どもたちへのチャリティアクション5選
2018年12月21日

48356288_2103082356381878_5809998429635477504_n

今年1年間、ハタチ基金へご関心をお寄せくださり、誠にありがとうございました。

1年の終わりの12月は寄付月間と言われており、NPO、大学、企業、行政など寄付に係る主な関係者が幅広く集い、寄付が人々の幸せを生み出す社会をつくるため、全国的なキャンペーンがあちこちで開催されます。
我々ハタチ基金も賛同パートナーとして、寄付月間に参加しております。
http://giving12.jp/

1年の終わりにこれまでの皆様のご支援に対する感謝と、皆様のご支援で生まれている子どもたちの未来をお伝えしたいと思います。

ーーーーー

コラボ・スクール女川向学館を卒業し、現在大学生の彼は、「記者のように現場を伝える仕事に興味があります。」と少し照れながら話してくれました。

助成先のカタリバがコラボ・スクール女川向学館を運営している宮城県女川町は、東日本大震災によって壊滅的な打撃を受けた街です。人口は1万人の内の約1割が死亡または行方不明、家屋は約9割が被災しました。

コラボ・スクールという家でも学校でもない場所だからこそ、肩肘張らずにふとしたことを相談し、自分のしたいこと、将来のことを考え話す機会が多くなったと語っていました。

今では、大学生ながら町の復興計画作りに関わり、西日本豪雨災害の際には、ボランティアにも参加したそうです。

話の途中で幾度となく、彼が「自分は本当に恵まれています。」とつぶやいたことが印象的でした。

被災し、「なぜ自分がこんな目に。」と思ったことも、涙したことも多々あったのではないでしょうか。それでも、「恵まれている。」と彼がつぶやいたことに、多くの皆様のご支援を彼がしっかりと受け止めていることに感動しました。

彼だけでなく、皆様のご支援を受けた子どもたちが将来の夢を語るとき、彼らが「お母さん達を助ける保育士になりたい。」「福島の原発問題を解決するための技術者になりたい。」と誰かのためにと将来を語る姿に驚かされます。

きっと彼らは、皆様が差し伸べてくれた手をしっかりとつかみ、社会の温かさを感じて育ってきたのだと思うのです。

皆様のご寄付による子どもたちへの応援、想い、願いは、確実に子どもたちの中で育まれ、東北で育つ子ども達の未来を支えています。

子どもたちに代わり、心よりお礼申し上げます。
今年1年間、誠にありがとうございました。
そして、これからも東北の子ども達の応援をどうぞよろしくお願いいたします。

ーーーーー

〇寄付月間特集:いますぐできる子どもたちへのチャリティアクション5選


年末最後の12月、東北の子どもたちへのチャリティアクションにご参加ください!
色々なご支援方法がございます。
クリスマスにぴったりなチャリティオーナメントの購入やたまったTポイントでの応援、大掃除にあわせた不用品の処分やハタチ基金の活動紹介など、皆様にあった方法で東北の子どもたちへのチャリティアクションをお願いします。

①お金で応援
http://www.hatachikikin.com/shien/tudo/donate
ご希望の金額を銀行振込またはクレジットカードでご寄付。

②買って応援
▼クリスマスオーナメント
https://www.creema.jp/item/6382046/detail
ハタチ基金呼びかけ人(継続寄付サポーター)の方が作成されたチャリティオーナメント。
収益がハタチ基金への寄付になります。

▼チャリティブックカバー ※数量限定
https://www.jecol-shop.com/?pid=98218282
サイズとデザインが変えられるハタチ基金デザインブックカバー。
ご購入額の35%が、ハタチ基金に寄付されます。

▼キッズスマイルQUOカード
http://www.quocard.com/special/kids_smile/
カード1枚につき50円がハタチ基金など東日本大震災の被災地の子どもたちを笑顔にする活動への寄付になります。

③たまったポイントで応援
▼Tポイントによるご寄付(yahoo!ネット募金)
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5190001/
Tポイントからご寄付ができます。Tポイント寄付を選択ください。

▼WALLETポイントによるご寄付(キボウのカケハシ)
http://kakehashi.kddi.com/fund/k_25.html
auのWALLETポイントからご寄付ができます。
auかんたん決済の購入画面から「ポイント利用」を選択ください。

④家にあるモノで応援
▼不用品によるご寄付(いいことシップ)
https://eco-to-ship.jp/
リユースできる不用品を送付すると子どもたちを支援する団体への寄付となります。支援先にハタチ基金を選択ください。

▼古本によるご寄付(古本チャリティ募金)
https://hondana.biz/charity-apply/
読み終わった本を送付すると買い取り額が子どもたちを支援する団体への寄付となります。寄付先に「ハタチ基金」と記載ください。

⑤ハタチ基金を広めて応援
▼Facebook
http://www.facebook.com/hatachikikin

▼Twitter
http://twitter.com/hatachikikin

シェアやリツイートなどでハタチ基金をぜひ周りの方へご紹介ください!