法人・団体からのご支援

被災地の子どもたちが震災の苦難を乗り越え、社会を支える自立した20歳へと成長するために。
ぜひご支援をお願いいたします。(ご寄付は税制優遇を受けることができます。詳しくはこちら
いただいたご寄付は東北の子どもたちを支援する団体への助成のために使用させていただきます。

ご支援の方法

通常のご寄付はもちろん、チャリティ・イベントや寄付付き商品など、さまざまな形でのご支援をいただいています。

□ チャリティ・イベントで寄付を集める
□ お店や職場で募金を集める
□ クリック募金やポイント募金の寄付先にする
□ マッチングギフトで支援する
□ 寄付付き商品の収益を寄付する
チャリティ・イベント
寄付付き商品

サッポロホールディングス株式会社様

「恵比寿麦酒祭」などイベントでの生ビール売上をご寄付いただきました。

▶ チャリティ事例をもっとみる

株式会社一ノ蔵様

株式会社一ノ蔵

「一ノ蔵 素濾過特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン」の売上全額をご寄付いただきました。

活動報告書
ご寄付の贈呈

ご支援企業・団体の一部を掲載しています。

▶活動報告書はこちら

ご寄付の贈呈については、事務局にお問合せください。寄付金は、銀行振込での受渡をお願いしております。

ご寄付の贈呈

▶お問い合わせはこちら

ご支援企業

ハタチ基金では、昨年度も企業・団体様からご寄付を150件以上いただきました。

アズワン株式会社
アズワン株式会社
株式会社一ノ蔵
株式会社一ノ蔵
株式会社クオカード
株式会社クオカード
KDDI株式会社
KDDI株式会社
株式会社サンポール
株式会社サンポール
株式会社生活総合サービス
株式会社生活総合サービス
ダイドードリンコ株式会社
ダイドードリンコ株式会社
株式会社ティーシーエス
株式会社ティーシーエス
一般社団法人コモンズ夢のアトリエ
一般社団法人TUコモンズ夢のアトリエ
ネッツトヨタ多摩株式会社
ネッツトヨタ多摩株式会社
株式会社ホッタ
株式会社ホッタ

▶ご支援企業・団体様一覧はこちら

企業・団体のご支援者様からの声

アズワン株式会社

アズワン株式会社
臼井 孝之 様 中嶋 恵理子 様

「0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで」という、一時で終わらせず長期間風化させない支援活動を想起させるコンセプトに共感し、2014年度から 株主優待制度の枠組みを利用して応援させていただいております。当社株主様のご厚意を被災地の子供たちに届けられたら幸いです。

img02

株式会社クオカード
阿部 香苗 様

「東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが無事にハタチを迎えるその日まで。」当時まさに第1子を妊娠中だったこともあり、このキャッチフレーズに共感し支援することを社内に提案しました。あれから9年という月日が流れましたが当時の赤ちゃんがハタチになるまで可能な限りご支援ができればと思います。

Shake Shack テラスモール湘南店

Shake Shack テラスモール湘南店
松山 依央菜 様

店頭で200円寄付いただいた方に、 次回来店時に利用できるシェイクチケットをお渡しするチャリティーキャ ンペーンを実施し、集まった全額を ご寄付いただきました。2019年に被災地訪問をさせていただき、シェイクシャックが毎年 行うGreat Japanese Shake Saleで集められた寄付金が、ハタチ基金を通して被災地の子どもたちの笑顔と未来、保護者の安心 に繋がっている事を実感いたしました。今後も継続的に支援を続 けていきたいと思っております。

株式会社ディノス・セシール インテリア・家庭用品部 ゼネラルマネージャー

株式会社ディノス・セシール インテリア・家庭用品部 ゼネラルマネージャー
山野辺 慶子 様

対象カタログでのお買いもの1回につき10 円が復興支援活動を行う団体への寄付に繋がるプロジェクト「東北に春をお届け します。」を通じて、ご寄付くださいました。東北の未来を担っていく子供たちに学びの場を提供していく 「ハタチ基金」さんの活動に少しでも力になれれば…と今年も支 援活動を継続させていただいています。震災からの復興と子供 たちの輝かしい未来を心より願って、これからも応援させていただきます。

ダイドードリンコ株式会社 広報部 CSRグループ

ダイドードリンコ株式会社 広報部 CSRグループ
石原 澄人 様

私には2歳の息子がおります。震災があった年に生まれました。息子と同じ年の幼児が大変な状況にあることを思うと胸が痛みます。「震災時0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで」、このフレーズを忘れないよう私自身できる限りの支援を実施したく存じます。

株式会社ホッタ 取締役社長

株式会社ホッタ 取締役社長
堀田 峰明 様

「支援したカタチが見える」ということに、何かをしたくてもなかなか出来ることが見つけられない私にはありがたく頼もしい活動だと思っております。2031年までの道のりは長いですが、応援しております。

よくいただくご質問

1.支援活動について、お会いして説明してもらえますか?

はい。基本的には東京の事務局で対応可能な範囲で対応させていただきます。ご希望の日時と場所を一緒にお問い合わせください。

2.自社のWebサイトにハタチ基金を紹介してもいいですか?

もちろんです。掲載後、ご連絡いただけますとありがたいです。事前に事務局にご連絡いただければ、必要に応じてバナーやロゴなどのデータもお渡しいたします。ご相談ください。

3.税控除は受けられますか?

ハタチ基金へのご寄付は税制優遇を受けることができます。詳しくはこちらをご覧ください。

4.目録を直接渡したり、被災地で贈呈式をすることはできますか?

はい。日時により、対応させていただくスタッフや場所はご相談にはなりますが、貴社、支援実施団体活動先、事務局(東京)などでお受けいたします。

被災地の子どもたちが、苦難を乗り越え、社会を支える自立した20歳へと成長するために。一緒にハタチ基金を通して子どもたちを支えてくださる企業・団体様をお待ちしております。