ご支援・チャリティーの記事

「災害時は身体ひとつで避難してほしい」OKB大垣共立銀行の手のひら認証で使えるATMサービスとハタチ基金への思い
2021年11月2日

きっかけは東日本大震災 同じことを繰り返すまいとの思い

全国で初めて、キャッシュカードや通帳、印鑑を持ち合わせていなくても、手のひら認証で預金を引き出すことができるATMサービスを始めた、岐阜県のOKB大垣共立銀行。今年でサービス開始から9年になり、手のひら認証ATM「ピピット」という名前で親しまれています。

サービスを始めたきっかけは、東日本大震災でした。多くの人たちがキャッシュカードを失くし現金を引き出せなくなったり、通帳や印鑑を自宅に取りに戻り命を失ったりすることもありました。OKB大垣共立銀行は、「もうこれからは、災害時には身体ひとつで避難してほしい」といった思いを強くし、震災の翌年2012年より、手のひらだけで取引ができるATM 「ピピット」の取り扱いを開始しました。

震災から10年の節目 未来を生きる子どもたちへと繋がるように

(写真)OKB大垣共立銀行 常務取締役 土屋 諭 様 よりハタチ基金代表理事 今村へ送られました。

2021年、震災から10年を迎えるにあたり、「ピピット」を開始した思いと「ピピット」を活用した災害時の対策について、今一度知ってほしいと行われた「OKB『15歳から君にできること』 キャンペーン」
このキャンペーンでは、「ピピット」に新規登録をした15歳から18歳の方一人につき1000円を、ハタチ基金へご寄付くださるといった内容で実施されました。2021年9月には、名古屋市で寄付の贈呈式を行っていただきました。
キャンペーンの対象年齢「15歳から18歳」には、15歳頃になると、手のひらの静脈の流れが安定し始めるといわれていることや、手のひら認証登録による寄付を通じて同世代からの思いを東北へ届けたいといった意味が込められています。

【OKB大垣共立銀行 常務取締役 土屋 諭 様よりメッセージ】

キャンペーンを通して多くの若い方にピピットを登録いただき感謝しています。今回のキャンペーンを通じて東日本大震災で起こったこと、今でも苦しんでいる方がいらっしゃることを知っていただくきっかけになったのではないかと思います。若い世代の方々が生き生きと元気に安心して暮らせる世の中が来ることを心から願っています。 

【ハタチ基金 代表理事 今村久美よりメッセージ】

東日本大震災発生直後から、被災地の方々に思いを寄せ、何かできないかと新たなサービスを始めたOKB大垣共立銀行さんの思いには、同時期に活動を始めたハタチ基金としても大変嬉しく思っています。日本全国、どこで災害が起きてもおかしくない今、身体ひとつで避難できるこのサービスは多くの人たちを救ってくれると思います。震災から10年経った今も、被災地の子どもたちのために何かできないかと今回お声がけいただき、感謝の気持ちと私たちが今後も活動を続ける励みとなりました。ありがとうございました。

被災した方々に思いを寄せ生まれた、手のひら認証ATM「ピピット」
震災から10年経った今、利用者を含めたたくさんの方々に、改めて思いを寄せるきっかけを作ってくださりありがとうございました。被災した地域の子どもたちが、復興の先の未来を切り拓いていけるよう、活動を続けてまいります。


一緒に被災した地域の子どもたちを支えてくださる、法人や団体の皆さんからのお問合せをお待ちしてます。詳しくはこちら

遠く離れていても、東日本大震災を忘れない ロンドンの公認観光ガイドがチャリティーツアーで寄付を続ける思いとは
2021年9月1日

sherlock1

東日本大震災発生直後から、「寄付」という形で継続的に被災した東北を応援してくださっている方々がたくさんいます。

そのひとつ、イギリスのロンドンで活動する、JRTGA 英国公認日本語ガイド協会は、2011年から、東北の被災地を支える団体に寄付を続けてきました。ことし2021年には、ハタチ基金にご寄付をいただき、遠いイギリスの地から東北の子どもたちへ思いを寄せてくださり心より感謝しております。
震災が起きて、自分たちができることはなんなのか。JRTGAのボランティアガイドの皆さんが考えたのは「チャリティーツアー」という形でした。2011年から毎年行われ、ツアーの参加費は全額を、寄付として各地の支援団体へ送っているそうです。

【JRTGA 英国公認日本語ガイド協会 バートリーみきさんからのメッセージ】

2011年春、日本から遠く離れたロンドンで、被災地の悲惨な状況をニュースで知り、多くの在英日本人が被災地への手助けができないもどかしい思いを持ちました。被災者の方々のために私たち公認観光ガイドにできることは何なのかを考えた結果、参加費を日本へ寄付できるチャリティーツアーの実施という考えに至りました。
今回、参加費がハタチ基金を通して被災した子供たちの役に立っていることがとても嬉しいです。

■コロナ禍、イギリス政府からのロックダウン要請 オンラインでツアーを開催

1

毎年行われているチャリティーツアーですが、2021年は、イギリス政府からロックダウンの要請があったため、開催が危ぶまれました。しかし、ガイドの皆さんは、オンラインでのツアーに切り替え、中止せず実施することにしたのです。オンラインツアーにしたことにより、イギリスのみならず、日本を含む世界のあちこちから参加する人たちが。ガイドの皆さんはロンドンの魅力を世界中に伝えることができました。

自らもコロナで状況が厳しいときに、日本、そして東北の子どもたちを思いながら実施されたチャリティーツアー。ご寄付以上に、「継続して支援する」「被災地を忘れない」という温かい思いを皆さんからいただき胸が熱くなりました。ありがとうございました。

JRTGA 英国公認日本語ガイド協会とは

JRTGAは、日本語でガイドする資格を持った英国公認ブルーバッジガイドの集まりで、1985年に発足した非営利団体です。現在約60名の会員が登録、そのすべてが公認ガイドです。歴史、地理、文化などの、広範囲にわたる専門知識を学んだ後に、試験を経て与えられる英国公認ガイド証を持って活動をしています。

法人・団体からのご支援はこちら

個人の方からのご支援はこちら

1人の寄付者から広がる ハタチ基金への支援の輪 人気ブロガー ワタナベ薫さんの東北への思いと発信力
2021年8月19日

ある1人の女性によって、ハタチ基金を知っていただく機会が広がり、新規の寄付のご連絡をいただいています。人気ブロガーで数々の著書を手がける、ワタナベ薫さんです。

美容や健康、メンタル面などに不安を抱える女性を中心に、外側だけでなく、内側から綺麗になる方法を独自の目線で分析してSNSにて配信。数々の著書も出版し、「メンタルコーチ」として多くの女性たちを勇気づけています。ワタナベさんが15年前から始めたブログには、1日3万人が訪ずれ、カリスマ人気ブロガーとしても活躍中です。

image_6483441

ワタナベさんは、宮城県仙台市に在住。東日本大震災では自身も被災し、「お金があっても食べ物がなくお金が無意味になる」という経験をしました。以降、お金は意味があることに使って、自分だけでなく他者をも満たすべきであると考えるようになったそうです。

これまでも、被災地を支える関係機関への寄付を行ってきましたが、東日本大震災から10年になる2021年、ワタナベさんは、東北の子どもたちに何かできないかと考えハタチ基金へのご寄付いただきました。

■ワタナベ薫さんから広がる支援の輪

ワタナベさんのブログは、「美人になる方法」と題した、月間500万PV数を超える人気ブログです。そして、Twitterは2万フォローワーを超えるなど、美容法のみならず生き方に迷う女性たちを勇気づけています。

今回は、ワタナベさんの会社の商品の売り上げの一部をご寄付いただきました。ブログで売り上げの一部をハタチ基金への寄付とすることを書き込んでくださった後、600名以上の読者の皆さんが商品を購入してくださったそうです。
ご寄付のみならず、ワタナベさんの発信力によって、ハタチ基金について多くの方に知っていただく機会を作ってくださり、心より感謝を申し上げます。

ハタチ基金では、毎月継続して寄付をくださっている方を「呼びかけ人」と呼んでいます。東日本大震災が忘れ去られないように身近な人へ呼びかけてくださることも、子どもたちへの支援のひとつと考えているからです。
先日、ワタナベ薫さんのブログを見たという方から、「呼びかけ人」への申し出をいただきました。こうして支援の輪が広がることが、ハタチ基金と助成団体の活動の励みになっています。ありがとうございました。

ワタナベ薫さんのブログはこちら https://ameblo.jp/wjproducts1/

法人・団体からのご支援はこちら

個人の方からのご支援はこちら

日本酒を通して東日本大震災で被災した子どもたちの支援を全国に広めた 宮城の蔵元「一ノ蔵」さんから2020年度寄付金を贈呈いただきました
2021年6月23日

191023820_479740633137751_5191424017224668877_n

東日本大震災が発生の翌年2012年より、毎年継続してご寄付をいただいている、宮城県の醸造酒メーカー「一ノ蔵」さん。
特別純米原酒「3.11 未来へつなぐバトン」をつくり、その売上金の全額をハタチ基金の寄付にしていただいています。全国の酒屋や飲食店に販売し、売上金だけではなく、日本酒を通してハタチ基金の活動を伝え続けてくださり、東北の現状を知らなかった人たちにも知っていただく機会となっています。

毎年、予約段階で完売し、10年間でいただいたご寄付は、累計6600万円にのぼります。長年のご支援に、ハタチ基金一同、心より感謝を申し上げます。

■被災し支援してもらった恩返しから始まった「3.11 未来へつなぐバトン」

192437965_942848823221718_5544472620851098826_n

一ノ蔵さんの本社蔵元は、宮城県大崎市にあります。東日本大震災では、本社蔵元や従業員の方々も被災し、県内外からたくさんの支援をしてもらったそうです。今度は自分たちも東北の人たちの力になりたいという思いでこの企画がスタートし、未来をつなぐ子どもたちの教育に役立ててほしいと、長年ご寄付いただいています。

 

【一ノ蔵 代表取締役社長 鈴木整氏 贈呈式でのコメント 】

数年前、ハタチ基金が支援する女川向学館を見学したときに、土曜の午後に勉強していた高校生がいました。「休日なのに勉強してえらいね」と話しかけたら、「勉強したい。震災のときにボランティアで来ていた大学生のようになりたい。そのためには大学に行きたいから勉強している」と言っていたことがとても心に残っています。

支援する側の背中を見ることで、子どもたちは前に進めるんだなと知って嬉しかった。子どもたちの成長が本当の意味での復興だと考えているので、今後も引き続き寄付をしていきたいです。

【ハタチ基金理事 今村久美 贈呈式でのコメント】

ハタチ基金の活動開始から継続して応援してくださりありがとうございます。長年応援してくださることで、私たちも「間違っていないんだな」と感じることができ、活動を続けることができています。

震災から10年がたち、ハタチ基金を通して支援を受けた子どもたちが大人になり、支援する側になる子も出てきました。私たちも、彼らがそういった選択をすることなんて想定していませんでした。社会や地域の状況に合わせて、想定外の対応をしていくことが今後も必要です。引き続き、ご支援のほどよろしくお願いします。

活動をしていく中で、「ハタチ基金?日本酒のとこだよね?」という方もいるくらい、一ノ蔵さんのお酒を通して知っていただいた方もたくさんいます。一ノ蔵さん、日本酒を購入してくださった方々、本当にありがとうございます。

残りの活動期間10年、変化に柔軟に対応しながら子どもたちを支援していけるよう活動してまいります。

法人・団体からのご支援はこちら

個人の方からのご支援はこちら

純米酒で復興支援を。日本酒の蔵元 株式会社一ノ蔵様より今年もご寄付いただきました
2019年7月30日

2011年当時から毎年ハタチ基金をご支援くださっている、株式会社 一ノ蔵様。

被災時に蔵元に差し伸べられた支援を、被災した子どもたちへの「ご恩送り」という形で渡そうと、「特別純米原酒3.11未来へつなぐバトン」という銘柄のお酒を毎年販売し、その売上全額をハタチ基金に寄付してくださっています。

今年も600万円を超えるご寄付をいただき、8年間で総額5,300万円ものご支援を頂いております。

今年度のご寄付と、こうした継続的なご寄付のお礼を、感謝状と共に伝えてまいりました。

hatachi190709

ハタチ基金は、東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで、20年支援する活動です。
この活動を支えてくださる、継続的な支援はとてもありがたいものです。

株式会社 一ノ蔵のみな様、鈴木社長、ありがとうございます!

「特別純米原酒3.11未来へつなぐバトン」は全国様々な酒販店で販売されています。お見かけの際はぜひ、ご購入を通してハタチ基金のご支援をよろしくお願いします。

2018年時のインタビューはこちら

 

■ハタチ基金ご支援の方法について

▼呼びかけ人(毎月の継続寄付会員)として毎月支援する

https://www.hatachikikin.com/shien/personal

▼都合に合わせて都度支援する

https://www.hatachikikin.com/shien/tudo/donate

【ハタチ基金を周りの方に広めるご支援】

▼チャリティーイベント・商品についての事例ご紹介

https://hatachikikin.com/charity

▼Facebook

https://www.facebook.com/hatachikikin

▼Twitter

https://twitter.com/hatachikikin

ニューヨーク補習授業校LI校中高等部のみなさんが、ハタチ基金にご寄付いただきました
2019年6月12日

ニューヨーク補習授業校LI校中高等部のみなさんが、ハタチ基金にご寄付いただきました。

このご寄付は、ニューヨーク補補習授業校LI校中高等部のみなさんがバザーを行い募金活動をして集めたものです。

ステキなお手紙と共に写真もお送りいただきました。

hatachi190612-1


 

お手紙より一部抜粋

補習校の中高等部はアメリカの卒業年度に併せて、中学1年生から高校二年生まで幅広い年齢層で成り立っています。
今回のバザーでは後輩、先輩同士のコミュニケーションはもちろん、チームワークも育てることができたと思います。
左ページのバザー時の様子を見ると皆の笑顔や真剣に取り組む姿勢などがとても目立ちます。

貴団体のホームページを拝見させていただいたとき、被災地の子供たちが復興に向けて笑顔で頑張る様子がとても印象的でした。
前までは、良い教育を受けられたり、当たり前のように食事をして、物を買ったりしていました。
しかし、被災地の子供たちの生活環境などを見ていると、私たちの生活が「当たり前」ではなく、いかに「幸せ」かを実感しました。
この様な大切なことに私達は気付かなかったのです。
それに気付かせてくれた被災地の子供達に逆に感謝しています。

 

hatachi190612-2

hatachi190612-3


 

ニューヨーク補習授業校LI校中高等部のみなさん、ありがとうございます!

ハタチ基金へのご寄付はこちらから
http://www.hatachikikin.com/shien/tudo/donate

毎月のご寄付はこちらから
http://www.hatachikikin.com/shien/personal

Yahoo!JAPANの特設サイト「-3.11企画- いま、わたしができること。」公開中です
2019年3月8日

311_donation

今年も、3月11日に東北に想いを寄せ、震災の記憶の風化防止と継続的な復興支援につなげることを目的としたYahoo!JAPANの特設サイト「Yahoo! JAPAN震災支援特集-3.11企画-いまわたしができること。」が公開されました。

ハタチ基金も支援先団体に選ばれており、Yahoo!ネット募金により東北の子どもたちをご支援いただけます。
ぜひ募金やシェアで応援よろしくお願いします。
Tポイントでの寄付も可能です。
>>yahooネット募金

ハタチ基金への直接の寄付はこちらから

ハタチ基金チャリティコンサートを開催いただきました!CD購入でご寄付も可能です!
2018年12月27日

12/15に、ハタチ基金チャリティコンサートが開催されました。コンサートでは、オカリナやピアノを始めとした楽器の演奏、ハタチ基金代表理事の今村からのご報告、東北出身の学生からのプレゼンなどが行われました。

DSC_0350
多くの方々にお集まりいただき、とても温かい場になりました。開催いただいたみなさま、ご来場いただいたみなさま、ありがとうございます。

チャリテイーコンサート2018当日の様子は、こちらの動画でもご覧いただけます。
https://youtu.be/fNyqnqrmGN8

また、ハタチ基金チャリティコンサートで演奏されてきた曲がCDとして販売されることになりました!売り上げの一部はハタチ基金に寄付されます。長く続くご支援、本当にありがとうございます!
https://arowanax.thebase.in/items/15734405

1年のお礼と寄付月間特集「いますぐできる子どもたちへのチャリティアクション5選
2018年12月21日

48356288_2103082356381878_5809998429635477504_n

今年1年間、ハタチ基金へご関心をお寄せくださり、誠にありがとうございました。

1年の終わりの12月は寄付月間と言われており、NPO、大学、企業、行政など寄付に係る主な関係者が幅広く集い、寄付が人々の幸せを生み出す社会をつくるため、全国的なキャンペーンがあちこちで開催されます。
我々ハタチ基金も賛同パートナーとして、寄付月間に参加しております。
http://giving12.jp/

1年の終わりにこれまでの皆様のご支援に対する感謝と、皆様のご支援で生まれている子どもたちの未来をお伝えしたいと思います。

ーーーーー

コラボ・スクール女川向学館を卒業し、現在大学生の彼は、「記者のように現場を伝える仕事に興味があります。」と少し照れながら話してくれました。

助成先のカタリバがコラボ・スクール女川向学館を運営している宮城県女川町は、東日本大震災によって壊滅的な打撃を受けた街です。人口は1万人の内の約1割が死亡または行方不明、家屋は約9割が被災しました。

コラボ・スクールという家でも学校でもない場所だからこそ、肩肘張らずにふとしたことを相談し、自分のしたいこと、将来のことを考え話す機会が多くなったと語っていました。

今では、大学生ながら町の復興計画作りに関わり、西日本豪雨災害の際には、ボランティアにも参加したそうです。

話の途中で幾度となく、彼が「自分は本当に恵まれています。」とつぶやいたことが印象的でした。

被災し、「なぜ自分がこんな目に。」と思ったことも、涙したことも多々あったのではないでしょうか。それでも、「恵まれている。」と彼がつぶやいたことに、多くの皆様のご支援を彼がしっかりと受け止めていることに感動しました。

彼だけでなく、皆様のご支援を受けた子どもたちが将来の夢を語るとき、彼らが「お母さん達を助ける保育士になりたい。」「福島の原発問題を解決するための技術者になりたい。」と誰かのためにと将来を語る姿に驚かされます。

きっと彼らは、皆様が差し伸べてくれた手をしっかりとつかみ、社会の温かさを感じて育ってきたのだと思うのです。

皆様のご寄付による子どもたちへの応援、想い、願いは、確実に子どもたちの中で育まれ、東北で育つ子ども達の未来を支えています。

子どもたちに代わり、心よりお礼申し上げます。
今年1年間、誠にありがとうございました。
そして、これからも東北の子ども達の応援をどうぞよろしくお願いいたします。

ーーーーー

〇寄付月間特集:いますぐできる子どもたちへのチャリティアクション5選


年末最後の12月、東北の子どもたちへのチャリティアクションにご参加ください!
色々なご支援方法がございます。
クリスマスにぴったりなチャリティオーナメントの購入やたまったTポイントでの応援、大掃除にあわせた不用品の処分やハタチ基金の活動紹介など、皆様にあった方法で東北の子どもたちへのチャリティアクションをお願いします。

①お金で応援
http://www.hatachikikin.com/shien/tudo/donate
ご希望の金額を銀行振込またはクレジットカードでご寄付。

②買って応援
▼クリスマスオーナメント
https://www.creema.jp/item/6382046/detail
ハタチ基金呼びかけ人(継続寄付サポーター)の方が作成されたチャリティオーナメント。
収益がハタチ基金への寄付になります。

▼チャリティブックカバー ※数量限定
https://www.jecol-shop.com/?pid=98218282
サイズとデザインが変えられるハタチ基金デザインブックカバー。
ご購入額の35%が、ハタチ基金に寄付されます。

▼キッズスマイルQUOカード
http://www.quocard.com/special/kids_smile/
カード1枚につき50円がハタチ基金など東日本大震災の被災地の子どもたちを笑顔にする活動への寄付になります。

③たまったポイントで応援
▼Tポイントによるご寄付(yahoo!ネット募金)
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5190001/
Tポイントからご寄付ができます。Tポイント寄付を選択ください。

▼WALLETポイントによるご寄付(キボウのカケハシ)
http://kakehashi.kddi.com/fund/k_25.html
auのWALLETポイントからご寄付ができます。
auかんたん決済の購入画面から「ポイント利用」を選択ください。

④家にあるモノで応援
▼不用品によるご寄付(いいことシップ)
https://eco-to-ship.jp/
リユースできる不用品を送付すると子どもたちを支援する団体への寄付となります。支援先にハタチ基金を選択ください。

▼古本によるご寄付(古本チャリティ募金)
https://hondana.biz/charity-apply/
読み終わった本を送付すると買い取り額が子どもたちを支援する団体への寄付となります。寄付先に「ハタチ基金」と記載ください。

⑤ハタチ基金を広めて応援
▼Facebook
http://www.facebook.com/hatachikikin

▼Twitter
http://twitter.com/hatachikikin

シェアやリツイートなどでハタチ基金をぜひ周りの方へご紹介ください!

ハンバーガーレストランShake Shack様より2018年度もご寄付をいただきました!
2018年9月10日

image2

このたび、ハタチ基金はハンバーガーレストランShake Shack(以下シェイク シャック)様より7,077,000円のご寄付をいただきました。

(写真は6月に行われた贈呈式のものです)

シェイク シャック様は2016年よりハタチ基金を寄付で支援してくださっており、2018年で3年連続でのご支援となります。

200円の寄付をシェイクチケットと交換するキャンペーン期間中には、ドリンクカップに鶴やハタチ基金ロゴをあしらった限定デザインの展開や多言語でのご案内など、各店舗ごとにゲストへの趣向をこらし、ハタチ基金をご支援くださいました。

ss

高い人気を集めるシェイク シャックですが、注目したいのはハンバーガーの美味しさだけではなく、その社会貢献のマインド。

もともと、シェイク シャックは、創業者のダニー・マイヤー氏とCEOのランディ・ガルッティ氏がマディソン・スクエア・パークの環境美化のイベントに出店した小さなホットドックカートからはじまりました。

規模を拡大してからも、社会貢献活動を大事にしており、新しい店舗が増えるとその地域でのNPOに寄付を行うなど、継続的に非営利団体を支援しています。

image1

寄付に込められたシェイク シャックの皆様、そのゲストの皆様の想いを、しっかりと被災地の子どもたちにつないでいくべく、今後もハタチ基金は尽力してまいります。

シェイク シャックの皆様、本当にありがとうございました!


 

ハタチ基金では法人の皆様からのご寄付も受け付けております。

通常のご寄付はもちろん、チャリティ・イベントや寄付付き商品など、さまざまな形でのご支援をいただいています。

寄付をご検討中の法人様は、ぜひお問い合わせください。

https://www.hatachikikin.com/shien/group

<<古い記事へ