ハタチ基金

東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで。被災孤児、及び被災地の子どもの心のケアに合わせ、学び・自立の機会を継続的に提供する期限付きの基金です。

ハタチ基金とは

ハタチ基金とは?

『ハタチ基金』は、東日本大震災で被災した子どもたちが、社会を支える自立した20歳へと成長するよう、2011年3月11日から20年間、皆様からの寄付・募金をもとに、心のケア、学び、就業の機会の支援を継続的に提供する日本財団に設置した支援基金です。 NPOカタリバ・ChanceforChildren・トイボックス・フローレンスの4つの団体が、それぞれの得意分野を活かし、子どもたちへ必要とされる活動をしています。

ハタチ基金の「ハタチ」には、「20歳」「20年」という意味と、「葉たち」という意味があります。木の幹(子どもたち)が育つためには、葉(=太陽の光を養分に変える)の存在が必要不可欠です。あなたも子どもたちを支える、ひと葉となりませんか?

呼びかけ人とは?

世界中の人たちが、自分が可能な範囲で、継続的に子どもたちをサポートする輪を広めるために。ハタチ基金では、継続的な寄付でご支援いただくサポート会員の皆様を、「呼びかけ人」と呼んでいます。
東日本大震災の直後には多かったマスメディアでの報道も、時が経つとともに見かけることも少なくなりました。人々の震災への記憶も、残念ながらだんだんと風化していきます。そんななか、一人ひとりが身近な方へ、震災を忘れないように呼びかけることも、子どもたちへの支援につながります。
「呼びかけ人」として新しく支援を始めてくださった方々の声は、「支援者の声」からご覧になれます。一人ひとりの想いのこもったご寄付を、被災した子どもたちのために大切に活用させていただきます。

ハタチ基金は、下記より支援方法を選択することができますハタチ基金へのご支援をお待ちしています

  • 個人の方へ毎月1,000円〜の継続的な寄付と、都度のご寄付(ご都合の良い時に自由な金額を寄付)をいただいています。
  • 法人の方へ都度のご寄付(ご都合の良い時に自由な金額を寄付)をいただいています。