お知らせの記事

2016年度ハタチ基金助成金の助成先が決定いたしました
2017年2月17日

▼ハタチ基金助成金について
東日本大震災から5年半以上が経過した現在も、震災に起因する課題を抱えながら生活をしている子どもたちが数多くいます。その中には支援の手が届かずにいる子どもも少なくありません。そのため、様々な専門性を持つ子ども支援団体が支援対象範囲を拡げ、継続的に活動を続けられるような体制作りが重要です。公益社団法人ハタチ基金は「ハタチ基金助成金」を通じて、被災地にて子ども支援を行う団体の事業を支える助成金を交付し、被災地の子どもの育成を通じて復興に貢献いたします。

▼助成先について
2016年度のハタチ基金助成先が下記の5団体に決定いたしました。
皆さんのご支援により、東北の子ども支援団体の活動を支える助成を実施できました事、心より御礼申し上げます。
支援団体の活動の様子や成果は、WEBサイトやメルマガなどを通じてお届けします。

=================================================================

【学校外教育バウチャー提供事業】
(運営)公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン
(活動場所)岩手県、宮城県、福島県 ※全国に避難している児童生徒含む
(活動内容)東日本大震災による経済的困窮によって十分な教育を受ける事ができない児童・生徒に対して、塾や習い事などの教育機関で利
用可能な学校外教育バウチャーを提供し、放課後の教育格差を解消することで、東北の復興を担う人材を育成する。また、活動の成果を可視化する社会的インパクト評価や政策提言、親による十分な養育ができていない家庭の子どもが、地域の適切な支援制度にアクセスできる状態を作り出せる様、調査を行う。

【小規模保育事業】
(運営)認定特定非営利活動法人フローレンス
(活動場所)宮城県仙台市
(活動内容)震災以降、東北の中心地である仙台市は待機児童数が全国3位まで増えた。仙台市での小規模保育園事業を通じて、これから東北を担っていく子どもたちと、働けずにいる親御さんをサポートする事で、子どもたちの成長と仙台及び東北の経済的復興を継続的に支援する事を目指している。今年度は3園目となる小規模保育園の開園準備や、政策提言、ノウハウ共有などを目的とした「全国小規模保育協議会仙台支部」の活動を主導し、仙台市における小規模保育インフラの拡大を後押ししていく。

【みなみそうまラーニングセンター】
(運営)特定非営利活動法人トイボックス
(活動場所)福島県南相馬市
(活動内容)発達障がい傾向を持つこどもを含めた地域のこども達の健全な発達をサポートする「みなみそうまラーニングセンター」を運営。こども達が日常的にさらされているストレスから解放されるサードプレイスを提供し、自立支援をおこなうことで、地域を支える、こども達の成長を支援する。また、来年度からは地域の待機児童解消に向け、小規模保育事業の開始を予定しており、その開設準備を進めるなど、今後も原発事故の影響が続く南相馬市において、行政と協働しながら、安心して子育てできる環境作りに貢献していく。

【コラボ・スクール】
(運営)認定特定非営利活動法人カタリバ
(活動場所)宮城県女川町、岩手県大槌町、福島県(双葉郡)広野町
(活動内容)未だに3~4割近くの子どもたちが仮設住宅で暮らしている女川町、大槌町において、安心して学べる環境の提供、学習支援を通じた子どもたちの心のケアを担っている。また、原発事故を受け、全ての高校が休校になった福島県双葉郡において、復興を担う人材を育てようと2015年に設立された「ふたば未来学園高校」の支援を実施。学校支援を行いながら、周辺に住む子どもたちへの支援方法も模索している。 また、喪失感などを抱えている生徒も多く、学習支援、探究活動を通じた心のサポートも担っていきたい。

【被災高校生や児童養護施設の子どもたちへの支援活動】
(運営)一般社団法人 やまと災害ボランティアネットワーク
(活動場所)宮城県石巻市、宮城県東松島市など
(活動内容)被災地の子どもたちと県外の子どもたちの防災意識を向上させ、結びつきを強めることで支援協力が地域間で行えるような絆を育み、被災地域内の生活環境の改善、地域のリーダー育成などに努める。具体的には、被災地の児童養護施設の子ども達が普段接する機会の少ない大学生との交流を目的とした自然体験活動や、被災地の高校生による県外での語り部活動等を実施していく。また、大学生となった支援事業の卒業生たちの参画も進めている。

年末年始休業について
2016年12月26日

2016年12月29日(水)〜2016年1月3日(火)は年末年始休業とさせていただきます。

期間中のお問合せに関しては、
下記URLよりお問い合せフォームを通じてご連絡くださいませ。
ご不便をおかけいたしますが、1/4(水)以降、順次ご返信をさせていただきます。
http://www.hatachikikin.com/contact

今年も温かいご支援をお寄せいただきました事、心より感謝申し上げます。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

【お知らせ】ハタチ基金代表理事:駒崎弘樹×今村久美の対談(Yahoo!個人)
2016年12月16日

~『ハタチ基金』の初志貫徹で、みんなでおせっかいをして、
 0歳だった赤ちゃんをハタチまで見守り、支援し続けていく世の中でありたい~

代表理事:駒崎のYahoo!個人ブログにて同じく代表理事を務める今村との対談が公開されました。
東日本大震災から5年半。代表理事二人が被災地での活動のこれまで、そして、これからの東北の子どもたちに寄せる想いを語り合いました。

ハタチ基金を支援してくださっている宮城県のある企業の方から伺ったお話が象徴的でした。
彼女は自宅が石巻市にあり、周辺が全て流され自分の家だけが残ったという体験をされた方です。
自分の家だけ残った罪の意識に苦しんで必死に周囲に気遣い息を殺して過ごした当時は、泣くに泣けなかった、誰もが「生き残った自分が泣いちゃいけない」「もっと辛い人がいる」「甘えてはいけない」と感情に蓋をして、目の前の課題を片付けることのみに集中してやり過ごした。でも、震災が風化して何事も無かったかのような日常が戻った今、当時の耐え難い体験が強烈に輪郭を持って心に甦るのだそうです。
子ども達からも「震災の時のことを思いだすと、今の方が辛い」という声を耳にする事があります。子ども達の心の中の埋められない傷跡が表面化してきていることも指摘されていて、普通であれば家庭で愛着形成をしなければならなかった未就学時代に震災を経験してしまった子ども達の土台の部分に、明らかな揺らぎが見えてきています。
今は震災の経験を強さに変えていくことを強くミッションとして掲げたいです。「ハタチ基金」の初志貫徹で、みんなでおせっかいをして0歳だった赤ちゃんをハタチまで見守り、支援し続けていく世の中でありたいし、それはもしかしたら社会的に必要な投資かもしれないと思い始めています。健全に転べる石ころも落ちていない社会では、子ども達のリーダーシップを引き出す機会が少ないのではないでしょうか。
現代の日本において、震災を経験してしまった子どもたちは特別な子ども達です。可哀想な子ども達への支援という視点を、そろそろ未来への投資だと転換していきたいんです。重要な資源であるイノベーターを発掘する機会だととらえて。日本の希望を作ることだと信じて、どうか多くの皆さんに応援を続けていただきたいと思います。

▼全文はこちらから

【前編】「東日本大震災から5年半、子ども達の居場所となった「コラボ・スクール」と今も残る埋められない傷跡」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/komazakihiroki/20161208-00065268/

【後編】かわいそうな子達への支援という視点を今こそ転換。被災経験のある子どもへの投資が日本の未来を握る理由。http://bylines.news.yahoo.co.jp/komazakihiroki/20161210-00065269/

【募集】2016年度ハタチ基金助成金
2016年11月8日

東日本大震災から5年半以上が経過した現在も、震災に起因する課題を抱えながら生活をしている子どもたちが数多くいます。その中には支援の手が届かずにいる子どもも少なくありません。そのため、様々な専門性を持つ子ども支援団体が支援対象範囲を拡げ、継続的に活動を続けられるような体制作りが重要です。
よって公益社団法人ハタチ基金は「ハタチ基金助成金」を通じて、被災地にて子ども支援を行う団体の事業を支える助成金を交付し、被災地の子どもの育成を通じて復興に貢献いたします。詳細は下記の募集要項をご確認ください。

●募集について
2016年度ハタチ基金助成金募集要項.pdf
2016年度ハタチ基金助成金申請書.docx

補足情報(2016/11/15追記)
【本助成金の選考委員会】
2017年1月10日(火)当法人事務所にて実施(面接:15時~17時を予定※電話会議での参加可)

●申請受付期間
2016年11月9日(水)〜12月9日(金)※必着

●提出先(メールにてお送りください)
公益社団法人ハタチ基金 事務局宛
メールアドレス:info@hatachikikin.com

【お知らせ】ハタチ基金2015年度活動報告書が完成しました
2016年9月16日

20160915_hatachihoukoku_c

ハタチ基金の2015年度活動報告書が完成しました。

2015年4月~2016年7月末にご寄付いただいた皆様には、9月上旬に冊子を発送させていただきました。まだ、お手元に届いていない方がいらっしゃいましたら、ハタチ基金事務局までご連絡いただけますと幸いです。
(海外在住の皆様や一部ご希望者の方には、メールにてPDF版活動報告書をお送りしております)

活動報告書では、ハタチ基金支援事業の活動報告やご支援いただいた方からのメッセージなどを掲載しております。また、特集インタビューとして、中学1年生で震災を経験し、ハタチ基金の支援事業「コラボ・スクール」でサポートを受けた生徒に、この5年間とこれからの夢について伺いました。

全ページをWEBにて公開しておりますので、皆様のご支援を受けて力強く成長している子どもたちの様子をぜひご覧くださいませ。

▼2015年度活動報告書(PDF版)
http://www.hatachikikin.com/file/hatachi2015.pdf

【告知】「カタLIVE」イベントのご案内(認定NPO法人カタリバより)
2016年4月15日

〜ハタチ基金の支援事業の一つである「コラボ・スクール」を運営する、
認定特定非営利活動法人カタリバからのご案内です〜

IMG_4031-e1448016008376

================================================================================================================
▼カタリバをもっと知る!「カタLIVE」開催!!
http://bit.ly/1MT2XIz

東日本大震災から、ちょうど5年。

1995年の阪神大震災の時、被災した子どもたちのメンタルヘルスにおいて、5年後にあたる2000年になっても、
震災直後と同じくらいの数の子が問題を抱えていたそうです。
状況も落ち着き、緊張感がほぐれた時、心の不調が表れやすいという傾向もあります。

16-03-07-20-33-25-644_deco
<宮城県女川町(左)岩手県大槌町(右)・2015年現在>

今東北の被災地は、山を切り開いて町全体に土を盛るかさ上げ工事の真っただ中。
未だに建物すら建たなかったり、沿岸部では4割の人が仮設住宅から出られていなかったり、
完全な復興にはほど遠い、そんな状況が続いています。

「子どもたちが落ち着いて勉強できる場所を作りたい」「安心できる“居場所”を届けたい」
そんな想いでNPOカタリバが2011年に立ち上げた、”被災地の放課後学校“「コラボ・スクール」。
イベント当日は、コラボ・スクールの卒業生がコラボ・スクールや自分たちの「マイプロジェクト」紹介したり、
現地にいた職員との直接の質疑応答などを予定しております。

被災地の子どもたちと伴走してきたカタリバが考える、これから必要とされる支援とは?
「カタLIVE」の名の通り生の声で、皆さまの疑問、質問にお答えしていきます。

<イベント概要>
4/23(土)15:00~16:30
5/22(日)15:00~16:30
場所: カタリバ高円寺事務所
〒166-0003東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F
(JR中央線・総武線「高円寺」下車 駅徒歩約5分)
人数: 20名
※定員20名の少人数制のイベントとなっております。
申し込みが多い場合は先着順になりますので、お早めにお申し込みください。
参加費: 1,000円
※いただいた参加費はご寄付として取り扱わせていただきます。
参加対象者:どなたでもご参加いただけます。
内容: カタリバの概要紹介や、コラボ・スクール卒業生の発表など
お問い合わせ:pr-fr@katariba.net(担当:小林)
お申し込み:http://bit.ly/1MT2XIz

被災地は今「課題先進地域」と言われており、
「日本の過疎地域が今から30年後に直面するであろう問題」に今、向き合っています。
つまり「未来の日本の課題」が被災地で先取りして起こっているのです。

そんな被災地で教育の事業を起こすこと、そこから得た気づきは、とても大きなものでした。
被災地の課題は、よく目を凝らせば全国各地に見られるもの。
新しいフェーズに入ったカタリバの取組みについても、当日お話しできればと思っております。

ぜひ、お誘い合わせの上、ご参加くださいませ。

【震災から5年】ゆっくりと長い視野で東北の子どもたちを応援し続けたい。
2016年3月11日

2011年3月11日。あの日から5年を迎えました。
「震災から20年間、被災地の子どもたちを支えること」を目的とし
2011年4月に設立したハタチ基金も、この4月で設立から5年を迎えます。

ご挨拶に代えて、設立者の一人である代表理事の今村久美からのメッセージをお伝えします。
—————————————————————-

5年前の2011年4月17日。

自分にできる事を探して、石巻市をめぐっていた時、とある17歳の少女に出会いました。「地震の日から両親と会っていない。まだ見つからないけど、多分もう帰ってこないと思う。」と言いながらも、近所の小さな子どもたちに遊びの機会を作っていた彼女。
「自分もつらいけど、小さな子たちはもっとつらい」と、静かにはにかみながら、控えめな言葉で話していました。彼女の笑顔からは、強い意思と同時に、泣くに泣けない深い寂しさを感じました。

彼女は、この電灯もない町の中で、毎日どんな気持ちで眠りにつき、どんな気持ちで朝を迎えているんだろうか。
一体この大きな東北沿岸の町々には、彼女のような少年・少女が何人いるのか。

私は強烈な無力さを感じ、「自分にできることをしよう」という考え方を変えなければいけないと思ったのです。本当に彼女たちを支えようと思うならば、長い時間をかけて寄り添う覚悟が必要で、さらに一人ひとりの置かれている状況に、細やかに心を寄せる専門家同士が手をつなぐ必要がある、また、遠方からも支援をしようと心を寄せてくださる方々にご賛同していただき、長きにわたって応援をしていただく方法をつくらないといけない、そんな思いで、ハタチ基金をつくっていきました。

この5年間、本当に多くの方々にご参加いただき、支援事業を実施する団体は、それぞれの場所で、安心して目の前の子どもたちを応援する日常を過ごせています。

震災から5年。震災の年に生まれた世代は、5歳。
小学1年生だった世代は小学5年生。
中学1年生だった世代は高校2年生。
高校1年生だった世代は20歳。

私が石巻市で出会った少女は今年22歳。専門学校を卒業し保育士として働きながら、心を許せる人と家族になったと連絡が届きました。

これからも皆様と一緒に、ゆっくりと長い視野で、東北の子どもたちを応援し続けたい。ハタチ基金へのご支援のほど、どうぞよろしくお願いします。

(公益社団法人ハタチ基金代表理事 今村久美)
—————————————————————-

【ご案内】「アマネカ・カスタム ハタチ基金チャリティーモデル」(ブックカバー)が発売されました。※数量限定
2016年2月3日

0da44c20e139bf0a7ff6af2c1adac5ba_f499

この度、ジェリーコールデザイン様から、フリーサイズ対応のブックカバー「アマネカ・カスタム ハタチ基金チャリティーモデル」が発売され、販売価格の一部をご寄付いただくことになりましたので、ご紹介させていただきます。
(詳細はこちら)

「アマネカ・カスタム」は2010年10月にジェリーコールデザイン様が文庫~A5・菊判までフリーサイズ対応するブックカバーとして、日本で初めて販売開始されました。以降、特許も取得され、昨年は「NHKニュース おはよう日本(NHK)」や「ワールドビジネスサテライト(テレビ東京系)」で紹介されるなど、今、注目の商品となっています。

今回のチャリティモデルの発売は、震災当時から被災地のために何かできることをしたいと考えられてきたジェリーコールデザイン代表の加藤様の思いから実現いたしました。

(ジェリーコールデザイン代表:加藤様からのメッセージより一部抜粋)
「私と同じように読書好きな方のご厚意の一部が基金を通じて子どもたちの教育に繋がって行く、言わば『知のバトン』を繋いで行けたらと考えています。このブックカバーを使うたびに被災地の子どもたちの今に思いを馳せ、基金の存在を知らない方へのPRにも繋れば幸いです。」

ご購入はジェリーコールデザイン様のWEBサイトからとなっております。
数量限定となっておりますので、ご自身用のブックカバーとしてはもちろん、ご友人へのプレゼント等にご購入をご検討いただけますと幸いです。

来月で震災から5年となりますが、東北の未来に想いを馳せ、ご自身が開発された素晴らしい商品を通じて、子どもたちが力強く成長していくよう、見守ってくださっているジェリーコールデザイン様に、改めて感謝申し上げます。

※呼びかけ人の皆さまへ※2015年分の寄附金受領証明書の宛先不備について
2016年1月22日

平素より、ハタチ基金へご支援を賜り誠にありがとうございます。

この度、1/18(月)に発行させていただきました2015年分の寄附金受領証明書において、作成時のデータの不備により、一部の呼びかけ人(毎月の継続寄付会員)様において、お送りした寄附金受領証明書の宛先における「郵便番号」がご登録いただいた情報とは異なる郵便番号にて発送されておりました。
ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。

・確定申告時の添付書類としては問題なくご利用いただけます。
・郵便番号以外の部分にも誤りがある場合、1月末までにお手元に届かない場合などは、
 大変お手数ですが、メールまたはお電話にて事務局までご一報くださいませ。
 再発行の手続きを行わせていただきます。

※郵便番号以外の宛先に誤りが無ければ時間がかかる場合はございますが正しく配達される様です。

この度は、多大なご迷惑をおかけし、深くお詫びいたします。
今後は同様の事がなき様、万全の対策を講じてまいります。

ご不明点などありましたら、下記連絡先までお問い合わせくださいませ。
何卒よろしくお願い申し上げます。

【お問い合わせ・ご連絡先】
ハタチ基金事務局  川合(かわい)・嘉数(かかず)
電話番号:03-3330-0005(平日10:00〜19:00)
メールアドレス:info@hatachikikin.com
※恐れ入りますが、土日祝日は寄附金受領証明書の再発行等の対応をいたしかねます事、ご了承くださいませ。

ハタチ基金事務局/年末年始の休業について
2015年12月22日

ハタチ基金事務局は12/30(水)~1/3(日)は年末年始休業とさせていただきます。

※上記期間中のお問い合わせにつきましては、1/4(月)より順次ご返信いたします。
また、年末年始はお問い合わせを多くいただくため、
ご対応が遅くなる可能性がありますこと、併せてご了承くださいませ。
※12/25以降のご寄付の領収書につきましては年明け上旬となりますこと、ご承知おきください。

<<古い記事へ