ハタチ基金

東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで。被災孤児、及び被災地の子どもの心のケアに合わせ、学び・自立の機会を継続的に提供する期限付きの基金です。

ご支援はこちら

ハタチ基金レポート

東日本大震災で何もできなかった後悔を抱え 子ども支援の道へ【東北から3.11に思いを寄せて】

もうすぐ東日本大震災から12年が経ちます。被災した東北で地域密着で子どもたちを支える助成先団体は、3月11日にどのよ […]

続きを読む

原発避難で分断を経験した福島で 高校生が出身地と自分に誇りを持てるように【一般社団法人 未来の準備室】

2022年度に助成先に新しく加わった団体をご紹介する連載シリーズ。 今回は、福島県白河市を拠点に活動をする「一般社団 […]

続きを読む

地域のつながりが可視化された東日本大震災 被災経験を持つ自分が今できること【東北から3.11に思いを寄せて】

2011年3月11日に起きた東日本大震災。あの日からもうすぐ12年が経ちます。ハタチ基金も震災の発生直後から活動を始 […]

続きを読む

「ハタチ基金」とは?

『ハタチ基金』とは、東日本大震災の被災地の子どもたちに寄り添い、2011年から20年間継続的に支援を行う基金です。

「公益社団法人ハタチ基金」が運営を行っており、子どもたちに学び・自立の機会を提供するために、復興状況や現地のニーズに合わせて支援活動をしている団体団体の活動費用に活用させていただきます。

ハタチ基金の「ハタチ」には、「20歳」「20年」という意味と、「葉たち」という意味があります。木の幹(子どもたち)が育つためには、葉(=太陽の光を養分に変える)の存在が必要不可欠です。あなたも子どもたちを支える、ひと葉となりませんか?

継続寄付会員「呼びかけ人」とは?

世界中の人たちが、自分が可能な範囲で、継続的に子どもたちをサポートする輪を広めるために。ハタチ基金では毎月の継続寄付会員様を「呼びかけ人」と呼んでいます。

東日本大震災の直後には多かったマスメディアでの報道も、時が経つとともに見かけることも少なくなりました。人々の震災への記憶も、残念ながらだんだんと風化していきます。そんななか、一人ひとりが身近な方へ、震災を忘れないように呼びかけることも、子どもたちへの支援につながります。

呼びかけ人の皆さまの声は、「支援者の声」からご覧になれます。一人ひとりの想いのこもったご寄付を、被災地の子どもたちのために大切に活用させていただきます。

ハタチ基金へのご支援

皆さまからのご支援が、子どもたちの未来を創ります。

被災地の子どもたちを継続的にサポートするハタチ基金に、ぜひご支援をお願いいたします。

個人のご支援

  • 毎月1,000円からのご寄付で、子どもたちを継続的にサポート
  • ご都合の良い時に、ご自由な金額を寄付いただきます。

法人・団体のご支援

  • 通常のご寄付の他、チャリティや寄付つき商品など、「支援の輪を広めたい」という皆さまから、様々な形でのご支援をいただいています。

ハタチ基金の最新情報を見る

 Facebook

お問い合わせ

ご支援に関することなど、お気軽にお問い合わせください。
被災地の子どもたちを継続的にサポートするハタチ基金に、ぜひご支援をお願いいたします。