h1

【終了しました】6/8(土)14:00-@東京「これからの復興と教育支援」を考えるシンポジウム
2013年5月9日

※本シンポジウムは終了いたしました。ご来場くださった方はじめ、皆様ありがとうございました。

6月8日(土)14時から、東京の日本財団ビルにて、
2012年度ハタチ基金報告会も兼ねた、
「これからの復興と教育支援」を考えるシンポジウム
 〜被災地支援NPOの実践報告とともに〜を開催します。

すぐに申し込む方はコチラ

「東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが、
 無事にハタチを迎えるその日まで」

2011年4月、ハタチ基金はこのような想いとともに、
被災した子どもたちのサポートを継続的におこなう基金として産声をあげ、
無事に2年目の活動を終えました。

900名以上のサポート会員(呼びかけ人:毎月継続寄附)の方や、
1000件以上の企業・個人の皆様から、温かいご支援を頂き、
1万人以上の子どもたちへ、7つのハタチ基金事業を通して、
心のケアや学び・自立の機会を届けることができました。

これまで子どもたちを支え、温かくお見守りいただいた皆様に、
心より感謝申し上げます。

「『感謝の気持ち』を胸に一生懸命頑張りたいです!」

「たくさんのことを学び、自分に自信をつけて
 震災に負けない大きな人間になりたいと思っています 」

子どもたちは、このように日々、力強く成長しています。

しかし、震災から3年目を迎え、
テレビや新聞で報じられる機会の少なくなった今も、
子どもたちを取り巻く問題は、まだまだ解決されていません。

たとえば阪神・淡路大震災のときも、被災した子どもたちの
「心のケア」が大きな課題となりました。
心の健康について教育的配慮を必要とする
児童生徒数の割合がはっきりと減少に転じるまでは、
5年の歳月が必要であったそうです。

被災地の子どもたちへの支援は、「長期戦」です。

本当の復興とはどのようなものなのでしょうか。
そのために私たちができる子どもたちへの支援とは、
どのようなものなのでしょうか。

そこで、ハタチ基金では、2013年6月8日(土)、2012年度の報告会を兼ね、
「これからの復興と教育支援」を考えるシンポジウム
 〜被災地支援NPOの実践報告とともに〜を開催します。

メディアなどでは放映されていない、
被災地での活動を各事業の代表から報告するとともに、
「これからの復興と被災地支援」について、
5名のパネリストをお迎えして、ディスカッションします。

「各事業の活動やこれからの教育支援について知りたい」
「被災地、子どもたちのために本当に必要なことを考えたい」
「復興のために、自分にできることを見つけたい」

この様な方々は、ぜひご参加くだされば幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「これからの復興と教育支援」を考えるシンポジウム
   〜被災地支援NPOの実践報告とともに〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■日時: 2013年6月8日(土)14:00-16:30(13:30開場)
                (17:00~18:00懇親会)

■ 場所:日本財団ビル2階(東京都港区赤坂1丁目2番2号)
<地図> http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/

■定員:150名(先着)※100名から増員しました。

■参加費:無料(懇親会に参加される方は、2000円程度)

■プログラム:
<司会>
・今村久美(NPO法人 NPOカタリバ)

○2012年度ハタチ基金事業の活動報告

○パネルディスカッション
<パネリスト(予定)>※敬省略
・逢沢一郎(自民党衆議院議員)
・鈴木寛(民主党参議院議員)
・荻上チキ(評論家)
・白井智子(NPO法人 トイボックス)
・能島裕介(一般社団法人 チャンス・フォー・チルドレン)
<ファシリテーター>
・駒崎弘樹(認定NPO法人 フローレンス)

○質疑応答・意見交換

○懇親会
報告会終了後には、参加者とスタッフによる懇親会を予定しております。
ぜひ、奮ってお越し下さい。(参加費2,000円程度)

■お申込み方法:下記のフォームに、直接ご入力下さい。

■問い合わせ先:ハタチ基金事務局 横井(info@hatachikikin.com)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子どもたちのために「いま私たちができること」は何か?
参加頂いた皆様にも、シンポジウムやその後の懇親会などを通じ、
ご自身のお答えを見つけ、お話し頂く機会となればと思います。

お越しを心よりお待ちしています。