h1

1602【ハタチ基金メルマガ】何よりのエネルギーは子どもたちの笑顔(小規模保育事業)
2016年3月3日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1602発行【ハタチ基金メルマガ】 http://www.hatachikikin.com/
~東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもハタチ基金へご関心をお寄せくださり、誠にありがとうございます。
ハタチ基金事務局の嘉数菜利子です。

===================================================================
1.【支援団体レポート】何よりのエネルギーは子どもたちの笑顔(小規模保育事業)
2. 【ご案内】ハタチ基金へのご支援に繋がる
「一ノ蔵特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン」が発売されました。
3. ご支援方法について
4. 2016年1月のご寄付のご報告
===================================================================

岩手、宮城、福島3県の35市町村で、プレハブ仮設住宅から学校に通う小中学生は約3,800人に上ることが今月13日分かりました。

プレハブ仮設は一般の住宅より狭く、物音が響きやすいため、学習面の弊害もあります。高校受験を控えた中学3年の息子を持つ東松島市の女性(42)は「4畳半の部屋を兄弟2人で使っている。落ち着いて勉強できる環境ではない」と話します。

震災から5年経った今も生活基盤の復旧が急がれます。

<仮設から通学 被災3県なお3800人>(2016/2/14 河北新報)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201602/20160214_73019.html

>>>

1.【支援団体レポート】何よりのエネルギーは子どもたちの笑顔(小規模保育事業)

被災地では働き手が不足しているにも関わらず、東北エリアの中心地である仙台市は全国ワースト3位の待機児童数(2014年)となっています。ハタチ基金の支援事業の一つである認定NPO法人フローレンスが行う「小規模保育事業」は、その様な課題を抱える仙台市内にて保育事業を行うことによって、被災地の家庭をサポートし、経済的な復興と子どもたちの成長につながる機会を提供しています。

今回のメルマガでは、仙台にて小規模保育事業に取り組む職員からのレポートをお届けします。

2015年4月に開園した「おうち保育園こうとう台」ではあたたかい雰囲気の中で、子どもたちを日々迎え入れています。

震災の影響により、沿岸部からの通勤や移住など様々な事情により、仙台市の子育て世代は増加、現在も待機児童数の減少はみられず、待機児童問題は解消されていません。仙台市中心部は賑やかさも戻ってきているように感じますが、郊外から沿岸部にかけては復興には時間がかかり、復興支援がまだまだ必要です。

働きたくても子どもが保育園に入れない。そのような家庭、子ども達を少しでも減らしていきたい。
それが、わたしたちフローレンスの強い思いです。

おうち保育園こうとう台のオープン後は、おかげさまで、子どもたちが毎日元気に通ってきています。小規模保育では保育士全員が担当ではない子どものことも良く理解し様子を把握しているため、保護者の方からの安心感に繋がっている様です。また、一時預かりも行っているため、求職している保護者の方にとっては数時間でも預けられてとても助かるという声が上がっています。

この4月には二園目となる「おうち保育園木町どおり」が開園します。
被災地としての復興はまだまだ時間はかかりますが、何よりのエネルギーは子どもたちの笑顔です。これからも仙台市の子育て世代をサポートし、復興に寄与できる様、小規模保育事業に力を注ぎ込んで行きたいと思います。

▼おうち保育園 こうとう台
http://www.ouchi-hoikuen.jp/school/koutoudai/

>>

2. 【ご案内】ハタチ基金へのご支援に繋がる「一ノ蔵特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン」が発売されました。

2012年より継続してハタチ基金へご支援くださっている株式会社一ノ蔵様より、今年も限定商品「一ノ蔵特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン」が発売されました。

株式会社一ノ蔵様は宮城県大崎市に本社を置く酒造会社です。「未来へつなぐバトン醸造発酵で子どもたちを救おうプロジェクト」を2011年12月に発足され、年に一度、こちらの限定商品の売上をハタチ基金へご寄付いただいています。

2月19日より店頭またはWEBでの販売も行われているとの事ですので、ご購入を検討いただけますと幸いです。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.ichinokura.co.jp/syun.html

>>>

3. ご支援方法について

▼呼びかけ人(サポート会員)として毎月支援する
http://www.hatachikikin.com/shien/personal

▼川柳を投稿いただくと1作品につき100円がハタチ基金へのご支援になります。
http://senryu.liberta.net/

▼「アマネカ・カスタム ハタチ基金チャリティーモデル」(ブックカバー)が発売中です。※数量限定
http://jerrycole-design.com/amaneca/am-c4/am-c4-charity/

【ハタチ基金を周りの方に広めるご支援】

▼チャリティーイベント・商品についての事例ご紹介
http://hatachikikin.com/charity

▼Facebook
http://www.facebook.com/hatachikikin

▼Twitter
http://twitter.com/hatachikikin

 ※「いいね!」やシェア、リツイートなどにご協力ください。
>>>

4. 2016年1月のご寄付のご報告

 ●寄付金額合計:3,252,895円
 ●寄付件数合計:1,084件
 ○呼びかけ人(継続):2,355,000円 1,045件
 ○個人(都度):486,300円 26件
 ○法人・団体(都度):411,595円 13件
 ※クレジットカードでのご寄付は申込み月での数値となっております。

===============================================