h1

メルマガ

東日本大震災で失った“子どもを見守るコミュニティ” 新たな居場所づくりへ

助成先団体の活動内容や、被災した地域の現在の課題をご紹介する連載シリーズ。 今回は、宮城県石巻市で活動をする「NPO […]

記事の続きを読む

寄付者の皆さんと考えた 次の災害に活かせる子ども支援~ハタチ基金活動報告会2024レポート~

2024年3月8日、東日本大震災から13年目の節目の日に、ハタチ基金活動報告会を開催しました。日頃からハタチ基金を支 […]

記事の続きを読む

13年前 被災地にやってきた若者たちが始めた 子どもが自分らしく生きるための地域づくり~東日本大震災から13年~

今日は、東日本大震災の発生から13回目の3月11日。日本全国で災害は度々起こり、能登半島では今も避難生活を強いられて […]

記事の続きを読む

津波で何もなくなった町に僕らが居続ける理由 ~東日本大震災から13年「新しい教育」への挑戦~

「僕たちがここに居続けることが重要なんです。」縁もゆかりもない宮城県女川町に暮らして12年。中高生の放課後の居場所を […]

記事の続きを読む

あの日避難所で 子どもたちから教わった “復興のその先に必要なこと”~東日本大震災から間もなく13年~

あの日避難所で、自分の気持ちをぐっと抑えて我慢していた少女との出会いが、13年続く子ども支援活動の原点でした。自らも […]

記事の続きを読む

地域の大人と連携しながら 若い世代がいつか戻りたいと思えるような魅力ある町づくりを(岩手県洋野町・一般社団法人moova)

助成先団体の活動内容や、被災した地域の現在の課題をご紹介する連載シリーズ。 今回は、岩手県洋野町で活動をする一般社団 […]

記事の続きを読む

原発事故で避難生活が長期化した南相馬市で 子育てに課題を抱える家庭とつながり支えていく(NPO法人トイボックス)

助成先団体の活動内容や被災した地域の子どもたちの今の課題をご紹介する連載シリーズ。 今回は、福島県南相馬市で、子育て […]

記事の続きを読む

避難所では後回しだった“子どもの居場所” 大人の目を気にしないで遊べる場をつくっていく(NPO法人 にじいろクレヨン)

助成先団体の活動内容や被災した地域の子どもたちの今の課題をご紹介する連載シリーズ。 今回は、宮城県石巻市で、震災直後 […]

記事の続きを読む

震災から12年 複雑化する子どもの課題を支援する スタディクーポンと大学生ボランティア

助成先団体の活動内容や子どもたちの今の課題をご紹介する連載シリーズ。 今回は、宮城県、岩手県、福島県の経済的困難を抱 […]

記事の続きを読む

震災を忘れないで ある大学生が震災から11年目の街頭募金活動に込めた思い

ハタチ基金の助成先団体のひとつ、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン。被災した子どもたちに、地域の学習塾や習い事 […]

記事の続きを読む