h1

1407発行【ハタチ基金メルマガ】まだない空間を創出するということ(みなみそうまラーニングセンター)
2014年7月31日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1407発行【ハタチ基金メルマガ】http://www.hatachikikin.com/
~東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハタチ基金事務局の千葉です。

最近、暑さもより一層となりました。
熱中症など、体調管理には十分お気を付け下さい。

さて、今年の1月から、NPOカタリバのインターンを通し、
ハタチ基金に関わりはじめてから、もうすぐ半年になります。

私自身、今月、カタリバでのインターンを終了するので、
今回が、担当する最後のメルマガになります。

伝えたい事を十分に伝えきれていないのではないかという不安はありましたが、
見えない「誰か」のことを考えながら
文章を書くという経験は本当に貴重でした。
半年間、お付き合い下さり、本当にありがとうございました。

今月はみなみそうまラーニングセンターより、
南相馬市で2カ所目の子ども達の居場所となる
「みなみそうまラーニングセンター ふみだす未来の教室中央」
の開所式の様子についてお伝えします。

5月24日、透き通るような五月晴れの中、
南相馬市で2カ所目の子ども達の居場所となる
「みなみそうまラーニングセンター ふみだす未来の教室中央」の開所式が行われました。

当日は、みなみそうまラーニングセンターの開所当時から
お世話になっている、支援者の皆様、教育関係者の皆様、保護者の皆様など、
たくさんの方々にご臨席いただきました。

もちろん、センターに通う子ども達も、たくさんやってきました。

「広いーーー!!!」
「ここ全部でドッヂボールしたい!」

初めて見るセンターに、子ども達は大興奮でした!

そんな子ども達も、式が始まると静かに座っていました。
支援者の皆様一人一人から、本当に温かいお言葉、お祝いを頂戴し、
スタッフや保護者が涙を流す場面もありました。

「みなさん、力をかして下さってありがとうございました。
大きくなったらみなさんに恩返しがしたいです。これからもよろしくお願いします。」

緊張しながらも、感謝の気持ちを伝える子ども達。
子ども達の成長した姿に、たくさんの拍手が送られました。

子ども達を見守るたくさんの温かい目が、そこにはありました。

開所式が終わると、地域の方々も交えて、
大阪スタッフ主催のミニえんにちが開催されました。
スタッフがはっぴに着替え、いざスタートです!!

「スーパーボール何個取れるかなー?」
「たこせんおいひぃー!!」

えんにちに夢中になる子ども達の姿は、とても微笑ましいものでした。笑

ミニえんにちが終わると、子ども達お待ちかね!
相双神旗ディネードショーが開催されました!

「ディネードーー!!!」

大きな声で呼ぶ子ども達。
広いステージで縦横無尽に動き回るディネードの姿に、
子ども達も大喜びでした!

たくさんの方々に支えられ、たくさんの思いに支えられ、これからも子ども達は

「楽しく、自分らしく」

成長していくことでしょう。

大人も子どもも、たくさんの笑顔に包まれながら、
みなみそうまラーニングセンターは、また新たな一歩を踏み出しました。
これからも引き続き、ご支援よろしくお願い致します。

「みなみそうまラーニングセンター ふみだす未来の教室中央」
の完成で、よりゆったりとした空間での活動が可能となりました。

さきほど、紹介しました、開所式の様子でも、
センターのいきいきとした、人の表情が伝わってきますね。

震災後、ラーニングセンターのような空間を作り出す事業が
被災地の人を大きく支えていると思います。

仮設住宅の近くに、コミュニティスペースを作れば、
周辺に住む人が集い、不安や、喜びを共有する場所になりますし、
学習支援教室を開くために、借りたり、建てたりした建物は、
生徒が、本当に悩んでいる事や、やりたいことを話す場所になります。

屋根があって、外と遮断するスペースがある。
中には、思いやりのある人々と、情緒溢れる本や遊具がある。

そこに小さな仕掛けを加えていく事で、
本当に多くの人を幸せに出来るのだと、
ラーニングセンターは教えてくれているような気がします。

問題を解決するためのアイディアと、成功するまでやり抜く姿勢が、
これまでの被災地を支え、
「被災地」と呼ばれなくなるその日を迎えるための布石になるのだと思います。

最後までお読み頂いた方々、
お付き合い下さり、誠にありがとうございました。
これで、ハタチ基金の千葉としてメルマガをお送りするのは最後になりますが、
僕は、インターンが終わっても東北に関わり続けているので、
またどこかで関わり合いになれると信じています。

半年間、本当にありがとうございました。

▼みなみそうまラーニングセンター「ふみだす未来の教室」webサイト
http://www.npotoybox.jp/fukushima/

▼福島民報にて開所式の様子をご紹介いただきました。
http://www.minpo.jp/news/detail/2014052515879

▼SoftBankチャリティホワイトの特設ページにて、
地元の原町高校放送部の皆さんがみなみそうまラーニングセンターの様子を
随時レポートしてくださっています。
http://www.softbank.jp/mobile/special/charity_white/activity_diary/

==================

2013年度にご寄付いただいた皆様へ、
8月上旬に、2013年度ハタチ基金活動報告書を発送させていただきます。
東北の子どもたちの声や、支援実施団体の活動の様子など掲載しておりますので、
ぜひ、ご覧下さいませ。

※ご不要のご連絡をいただいた方以外で、ご住所の確認ができた方へお送り致します。

>>>

▼イベントや寄付付き商品例はこちら
http://bit.ly/KsgwTs

▼1日1クリック、クリック募金にご協力ください。
http://bit.ly/KsgGdA

▼呼びかけ人も募集中です。
http://bit.ly/YlxsQg

==================

<2014年6月のご報告>
●寄付金額合計: 5,591,134円
●寄付件数合計 : 1,049件
(内訳)
○呼びかけ人(継続): 2,283,000円( 994件)
○個人(都度): 838,508円( 40件)
○団体(都度): 2,469,626円( 15件)

※クレジットカードでのご寄付は申込み月での数値となっております。