h1

1410【ハタチ基金】「被災地の今を知りたい」学生たちのワーク・キャンプ(CFC)
2014年10月31日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1410発行【ハタチ基金メルマガ】http://www.hatachikikin.com/
~東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハタチ基金事務局の下岡麻子です。

2004年の新潟県中越地震から、今月23日で10年を迎えました。
東日本大震災以降は、新潟県中越地震で被害の大きかった地域から東北へ、
がれき処理に協力したり応援職員を派遣したりといった支援が行われており、
イベントへの招待や物産展開催など住民同士の交流も深まっているそうです。
様々な地域での被災や復興の経験が、今後起こる災害に活かされることを願います。

今月は、「学校外教育バウチャー提供事業」を行う公益社団法人チャンス・フォー・
チルドレン(以下CFC)の取り組みについてお伝えします。

>>>

 CFCは、東日本大震災の被害を受け、学習塾などの学校外教育を受けることが
 困難な子どもたちへ、学校外教育サービスに利用できるバウチャー(クーポン券)を
 提供しています。
 現金給付ではなく、バウチャーを支給することで、教育以外の用途に使用されることが
 なく、確実に教育機会を提供することにつながります。

 バウチャーが利用できるのは学習塾や予備校だけではありません。
 教科学習・スポーツ・文化活動・体験活動・習い事などの幅広いサービスに
 利用することができます。
 また、バウチャー利用先は子どもたちからのリクエストに応じて随時追加する仕組みの
 ため、一人ひとりのニーズに合わせた支援を可能にします。

 塾や習い事教室などの教育事業者が子どもたちから受け取ったバウチャーは、
 CFCで換金できる仕組みになっています。
 つまり、被災地でバウチャーが使用された場合、被災地の教育事業者の収入源にも
 なるのです。
 バウチャーによる支援は、子どもに無償の教育支援をしながら、被災地の教育事業者の
 自立を支援し、雇用を促進できる有効な仕組みです。

 また、大学生ボランティアが月に一度、電話や面談を通してバウチャー利用生徒の
 学習や進路の相談にのる「ブラザー・シスター制度」を導入しています。
 彼らは、子どもたちと年齢の近いお兄さん・お姉さんのような立場で
 子どもに寄り添いながら、その成長をサポートしています。

 そんなブラザー・シスターたちが先月、岩手県陸前高田市でワークキャンプを
 実施しました。

 CFCでのワークキャンプは今回が初めて。
 『被災地の今を知りたい』という学生が自分たちで企画・運営を行い、
 26名が参加しました。

 今なお震災の傷跡が色濃く残る陸前高田市で、側溝の蓋をはずして遺留品探しを
 行ったり、海岸のすぐ近くにある畑のお手伝いをしたりするなど、
 復興支援のボランティア行いました。

 夜は参加者で振り返り。
 それぞれが昼間の活動を通して感じたことをシェアしました。

 参加した学生たちはボランティア活動や、津波から間一髪逃れたという
 地元の人の話を通して、改めて復興支援や被災した子どもへの支援の必要性や
 その意味を考えていました。

 参加者の声をご紹介します。
 
 『自分が被災していないという立場は変わらない。被災した人の気持ちを
  わかってあげられないと悩むこともあったが、非被災者だからできることを
  今後も続けていきたい』

 『自分が担当している子どもにも家が流されてしまった子がいる。
  現場の風景をみて改めてその子は大事な家を失ってしまったんだということが
  わかった。今後の面談や活動を行う上で勉強になることがたくさんあった』

 ブラザー・シスターたちもCFCでの活動を通して、日々成長しています。
 CFCは彼らとともに、これからも子どもたちの成長を支え教育機会を
 確実に保障することで、被災地の長期的な復興に取り組んでまいります。

 復興への長い道のりを、ともに歩んでいただければ幸いです。

 ▼公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(CFC)Webサイト
  http://cfc.or.jp/

 ▼当日のブログはこちら
  http://cfc.or.jp/archives/report/2014/10/01/5700/

>>>

【ご寄付でのご支援】

▼呼びかけ人(サポート会員)として毎月支援する
http://www.hatachikikin.com/shien/personal

▼都合に合わせて都度支援する
https://www.hatachikikin.com/shien/personal/contact_individual

▼1日1クリック、クリック募金にご協力ください
http://www.kddi.com/corporate/kddi/csr/kibou/main.html

【ハタチ基金を周りの方に広めるご支援】

▼チャリティーイベント・商品についての事例ご紹介
http://hatachikikin.com/charity

▼Facebook
https://www.facebook.com/hatachikikin

▼Twitter
https://twitter.com/hatachikikin

※「いいね!」やシェア、リツイートなどにご協力ください。

>>>

— — — — — — — — — — — — — — — — — —

<2014年9月のご報告>

 ●寄付金額合計:6,460,843円
 ●寄付件数合計 : 1,023件
 (内訳)
  ○呼びかけ人(継続):2,209,000円(979件)
  ○個人(都度): 580,456円(30件)
  ○団体(都度): 3,671,387 円(14件)

 ※クレジットカードでのご寄付は申込み月での数値となっております。

— — — — — — — — — — — — — — — — — —