h1

1501発行【ハタチ基金メルマガ】成人式を迎えられたことへの感謝の気持ちを被災地へ
2015年2月10日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1501発行【ハタチ基金メルマガ】http://www.hatachikikin.com/
~東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもハタチ基金へご関心をお寄せくださり、誠にありがとうございます。
ハタチ基金事務局の下岡麻子です。

今月、全国各地で成人式が開催されました。
ハタチを迎えられたみなさんの門出を、心よりお祝い申し上げます。
東北で行われた成人式では、多くの新成人が故郷への想いや復興への誓いを述べ、
大人としての第一歩を踏み出したようです。

▼福島民報(1/12)
郷土の絆 再興の力に 避難区域設定 6町村成人式
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2015/01/post_11302.html

▼河北新報(1/12)
県内各地で成人式 復興の一翼担う決意
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150112_15009.html

▼岩手日報(1/12)
20歳の船出、亡き友も一緒に 震災3年10カ月
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150112_3

一方、全国の新成人のみなさんからハタチ基金へ、あたたかいお気持ちを
お寄せいただいております。
成人式の会場などでの募金をご寄付をくださった、徳島県小松島市成人式実行委員会の
野川真純さんに、お話を伺いました。

>>>

今回から初めて、新成人が運営に参加することとなった成人式で
実行委員長を務めた野川さんは、小松島市に住む会社員。

実行委員会のメンバーと話し合った結果、成人した機会に何かするのであれば、
何か社会に貢献できることをしたい、という話になったそうです。

「私たちが高校生の時に東日本大震災があり、大きな衝撃を受けました。
被災した方の中には、きっと、成人を迎えることができなかった若い人も
多くいたのだと思います。

私たちが成人式を迎えられるのは当たり前のことではなく、
成人式を迎えられたことに感謝したいと同時に、そういった自分達の気持ちを
被災地に届けたいと思いました。」

事前に市役所などにも募金箱を設置し、成人式当日は会場で募金の呼びかけを
行ったところ、約300名の参加者の多くがご協力くださったそうです。

「今回は、貴重な体験をさせてもらいました。
これからもいろいろなことに挑戦していきたいと思います。」

最後に、これからどんな大人になっていきたいかを野川さんに尋ねると、
次のように答えてくださいました。

「自分自身も落ち込むときもありますが、他の人が私を見て、自分も頑張ろう、と
思ってもらえるような行動ができる大人になりたいです。」

▼徳島新聞(1/8)
小松島の新成人、門出記念し募金活動 震災被災地の子ども支援
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2015/01/2015_14206759347996.html

この場を借りて、改めて深くお礼申し上げます。

このように、イベントなどで募金を実施いただける際、募金箱などに貼って
お使いいただけるステッカーをご用意しております。
また、ご希望をいただけましたら2013年度の活動報告書をお送りしますので
是非、周りの方々へお呼びかけいただく際には事務局までご連絡くださいませ。

>>>

【ご寄付でのご支援】

▼呼びかけ人(サポート会員)として毎月支援する
 http://www.hatachikikin.com/shien/personal

▼都合に合わせて都度支援する
 http://bit.ly/1thdhma

▼1日1クリック、クリック募金にご協力ください
 http://www.kddi.com/corporate/kddi/csr/kibou/main.html

【ハタチ基金を周りの方に広めるご支援】

▼チャリティーイベント・商品についての事例ご紹介
 http://hatachikikin.com/charity

▼Facebook
 http://www.facebook.com/hatachikikin

▼Twitter
 http://twitter.com/hatachikikin
 
 ※「いいね!」やシェア、リツイートなどにご協力ください。

>>>

<公益社団法人ハタチ基金がハタチ基金の運営業務を引き継ぎいたしました>

2011年4月より、「公益財団法人日本財団」を基金設置団体とし、被災地支援を実施する
4つの団体との共同プロジェクトとして活動してまいりましたハタチ基金ですが、
2015年1月14日(水)をもって「公益社団法人ハタチ基金」が「日本財団」より
ハタチ基金の運営業務および基金を引き継ぎいたしました。

▼詳細はこちら
http://bit.ly/1E3YwKG

これに伴い、ご寄付の振込先が下記の口座へ変更となりました。
日本財団に設置しておりましたハタチ基金口座は、
ご利用停止となっておりますのでご注意下さいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三菱東京UFJ銀行 高円寺支店(店番号:155)
公益社団法人ハタチ基金
コウエキシヤダンホウジンハタチキキン
シヤ)ハタチキキン
口座番号:0144274(普通預金)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これからも、「東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎える
その日まで。」というハタチ基金のコンセプトと「被災地の子どもたちへ、学び・
自立の機会を継続的に提供する」という活動目的は変わりありません。

ご支援者の皆様におかれましては、これからも子どもたちに寄り添い、
ともに復興への長い道のりを歩んでいただければ幸いです。
引き続きあたたかいご支援、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

<「被災地の課題とこれからの支援を考えるシンポジウム(仮)」開催決定!>

ハタチ基金の各支援実施団体の2014年度の活動をご報告するとともに、
子どもたちの現状を踏まえ、どのような支援がこれから必要か、
皆さまのご理解を深めていただくイベントを開催いたします。
ご家族、お友達などお誘い合わせの上、ぜひご参加くださいませ。

■日時
2015年3月9日(月) 19時~21時 (18時半開場)
■場所
日本財団ビル1階(東京都港区赤坂1丁目2番2号)
銀座線「虎ノ門駅」3番出口より徒歩5分
銀座線・南北線「溜池山王駅」9番出口より徒歩5分
■プログラム(予定) ※内容を変更する場合からございます。
・2014年度の活動報告
-各支援実施団体よりご報告いたします。
・代表理事によるパネルディスカッション
■参加費
無料
■お申込み
ハタチ基金WEBサイトよりお願いいたします。
http://www.hatachikikin.com/post-2599.html
または事務局までご参加の旨をご連絡くださいませ。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

<2014年分領収書発行について>

2014年も継続的なご支援をくださり、誠にありがとうございました。
「呼びかけ人」としてご支援くださったみなさまに、1月26日(月)に
2014年分の寄付領収書を送付させていただきました。
2月上旬になってもお手元に届かない場合は、事務局までご連絡くださいませ。
(担当:嘉数)

▼詳細はこちらをご覧ください
http://www.hatachikikin.com/post-2890.html

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

<2014年12月のご報告>

●寄付金額合計:45,503,580円
●寄付件数合計 : 1,040件
○呼びかけ人(継続):2,215,000円(967件)
○個人(都度): 2,589,784円(45件)
○団体(都度): 40,698,796円(28件)
※クレジットカードでのご寄付は申込み月での数値となっております。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―