h1

【活動報告:学校外教育バウチャー提供事業より】 CFCクーポンを利用している子どもたちの報告会が開催されました。
2016年4月25日

【ハタチ基金活動報告:学校外教育バウチャー提供事業より】
去る3月21日に仙台市内で、CFCクーポンを利用している子どもたちの報告会が開催されました。https://cfc.or.jp/archives/report/2016/03/29/15065/

※ハタチ基金の支援団体の一つである公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(以下CFC)は、東日本大震災で被災した経済的困難を抱える子どもに対して、塾や習い事などの学校外教育サービスで利用できる「クーポン」を無料提供しています。(年額15万~30万円分)報告会では今年度クーポンを利用していた2名の子どもたちと、現在、大学生となったCFCクーポン利用者の卒業生がスピーチを行いました。

tegami

「避難所や仮設住宅でなかなか勉強ができない環境にいながらも、様々な人たちからの支えがあって大学に合格することができた。将来は、医療機器開発分野で一役を担い、人助けができる人材になりたい。大学に進学後も、進路の実現に向かって勉学に励みたい。」(クーポン利用者の高校3年生)

「去年から一人暮らしが始まり、慣れないことも多く、予想以上に大変で嫌だと感じることもありますが、震災を経験して人の役に立ちたいと思ったことを思い出して頑張っています。今、クーポンをもらっている方は、クーポンを有意義に使い、将来に向けてがんばってほしいと思います。」(元クーポン利用者の大学生)

スピーチ動画など含む報告会レポートの詳細はこちらをご覧ください。
https://cfc.or.jp/archives/report/2016/03/29/15065/