h1

祭りがない夏 コロナ禍でもできる“特別な楽しみ方”を子どもたちと開催!【おうち保育園仙台】
2020年9月17日

おうち保育園仙台1
新型コロナウイルスの感染者がいまだに増加が続くため、まだまだ油断ができない状況が続いていますね。

宮城県仙台市もその影響を受け、5月開催予定だった、伝統の「仙台青葉まつり」が中止。8月には、華やかな飾りを見るため全国の人たちが訪れる「七夕まつり」も中止になりました。子どもたちとするお祭りの見学は、おうち保育園仙台の毎年恒例のイベントでもあったのでとても残念でした。

おうち保育園仙台2
こちらは昨年の写真です。大きな七夕飾りを見学しに、お散歩に出かけた子どもたち。

市が開催するお祭りはありませんが、おうち保育園仙台の先生たちは諦めません!
「七夕まつりを園内で楽しもう」と企画し、おうち保育園仙台の各園で、例年以上に力を入れて七夕の飾り付けを行い、園内でお祭りを開催しました。もちろん感染対策には徹底しました。

おうち保育園仙台3
このお祭りには、保育スタッフから子どもたちへの願いが込められています。
コロナ禍の大変な時であっても、その中でできる最大限の保育で、子どもたちに笑顔になってもらえたら。そして自分たちが暮らす町の魅力に触れてほしい。
制約がある中でも、子どもたちにできることはたくさんあると考えています。

おうち保育園仙台4
(写真)調理の先生が作ってくれた、ひんやり美味しいかき氷に子どもたちは大喜び。

おうち保育園仙台5

おうち保育園仙台6
(写真)笹にさげた短冊には、子どもたちの可愛らしい願い事が書かれてあります。

今年も新型コロナから始まり、豪雨被害など悲しいニュースがたくさんありました。
東日本大震災で辛い避難生活を送っていた時も、そしてコロナ禍の生活の中でも思うのは、何気なく過ごしていたあたりまえの日常が、とてもかけがえのない大切なものであったということです。

一日でも早く新型コロナが収束し、災害にあわれた地域の皆さんの悲しみが少しでも癒え復興が進むよう、おうち保育園仙台のスタッフ一同願っております。
おうち保育園仙台7

法人・団体からのご支援はこちら

個人の方からのご支援はこちら