h1

一ノ蔵「特別純米原酒3.11未来へつなぐバトン」発売スタート!売上金全額が東日本大震災で被災した地域の子どもたちの支えに【ハタチ基金】
2022年2月25日

もうすぐ東日本大震災発生から11年目を迎えます。今年で11回目の発売となる、宮城県の酒造メーカー一ノ蔵がつくる「特別純米原酒 3.11未来へつなぐバトン」も出荷がスタートしました。

震災直後の2011年より毎年、一ノ蔵さんはこの日本酒の売上金全額を、ハタチ基金への寄付にしてくださり、被災した地域の子どもたちを支援する団体へと届けられています。
一ノ蔵さんの東北の子どもたちへの温かい思いと、日本酒を通して応援してくださるたくさんの方々の思いを励みに、引き続き活動してまいります!

<商品説明>

商品名 :一ノ蔵特別純米原酒3.11未来へつなぐバトン
原材料名:米(宮城県産)、米こうじ(宮城県産米)
精米歩合:60% 原料米 蔵の華100%(松山町酒米研究会産、環境保全米)
アルコール分(ALC):17%
希望小売価格(税込):1.8L…3,300円 / 720ml…1,650円

購入先:日本名門酒会加盟店、宮城県内は酒販店、百貨店など

宮城県外で本品が買える店(日本名門酒会HP)
https://www.meimonshu.jp/modules/topics/index.php?page=article&storyid=132

2021年に行われた寄付贈呈式の様子

特別純米原酒3.11未来へつなぐバトン発売の経緯

(一ノ蔵プレスリリースより抜粋)

本社蔵のある大崎市は2011年3月11日東日本大震災では震度6強、4月7日 最大余震では震度6弱と未曾有の大震災に遭遇しました。震災直後は酒造り の見通しも立たず、社員全員が不安を抱いていた中、宮城県内外から物心両 面での温かいご支援を賜りました。これを心の支えとして、弊社は早い時点から 前へ一歩を踏み出すことが出来ました。

皆様から賜ったご恩に少しでも報いたい、被災した者同志が共に手を取り、助け合いながら前に踏み出していきたいという想いから、社内議論を重ねました。その当時、都市、産業の復旧・復興は報道により話題に上がっていたものの、被災された子どもたちが生活・進学など将来へ大きな不安を抱えている切実な問題があることを被災現場で知りました。

そこで賜ったご恩をバトンに見立て、次の世代へ送るご恩送りのカタチと捉えて、本業である醸造発酵による支援プロジェクト「未来へつなぐバトン 醸造発酵で子どもたちを救おうプロジェクト 」を2011年12月に発足しました。

その活動の柱を担うのが、一ノ蔵特別純米原酒3.11未来へつなぐバトンの発売とその弊社売上金全額を公益社団法人ハタチ基金への寄付する活動です。

本品は毎年、地元松山町酒米研究会が丹精込めて栽培した環境保全米蔵の華タンク1本分のお酒を販売し、その弊社売上金を全額寄付。2012年2月から毎年発売し、2020年までの寄付累計金額は66,348,341円。本年は6,000Lを販売する予定で、およそ700万円を寄付する形となります。2011年に0歳だった赤ちゃんが無事にハタチを迎えるまでハタチ基金の活動を支援します。

継続して長年応援してくださっていることで、一ノ蔵さんを通してハタチ基金を知っていただく機会が年々増えてきました。また、少しずつ東日本大震災の記憶が薄れていくことが懸念される中、毎年思い出すきっかけを作ってくださり、心より感謝しております。

ハタチ基金を応援してくださっているご支援企業についてはこちら