h1

【1601ハタチ基金メルマガ】子ども一人ひとりに合わせた居場所作りを(みなみそうまラーニングセンター)
2016年2月1日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1601発行【ハタチ基金メルマガ】 http://www.hatachikikin.com/
~東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもハタチ基金へご関心をお寄せくださり、誠にありがとうございます。
ハタチ基金事務局の嘉数菜利子です。

目次
===================================================================
1.【支援団体レポート】子ども一人ひとりに合わせた居場所作りを
(みなみそうまラーニングセンター)
2. 【ご案内】ハタチ基金代表理事の今村がNHKEテレ「東北発☆未来塾」に出演いたします。
3. ご支援方法について
4. 2015年12月のご寄付のご報告
===================================================================

東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を笑いの力で支援する事業として、
吉本興業(大阪府大阪市)が福島県郡山市の複合商業ビルに「福島よしもと」をこの1月末に
オープンします。

また、3月末には「東北魂TV復興応援スペシャルLIVE」が福島県福島市で開催されます。
出演者の一人、宮城県出身のお笑い芸人である狩野英孝さんは「笑いながら元気になりたい」という
被災者に応えたいと語ります。

<「福島よしもと」開始イベント 郡山で29日三瓶さんら盛大に> (2016/1/23 福島民報)
https://www.minpo.jp/news/detail/2016012328272

<「笑いたい」に応えたい 狩野英孝さん、東北復興を支援>
(2016/1/17 朝日新聞)http://www.asahi.com/articles/ASHDR530LHDRPTIL005.html

>>>

1.【支援団体レポート】子ども一人ひとりに合わせた居場所作りを(みなみそうまラーニングセンター)

ハタチ基金の支援事業の一つである特定非営利活動法人トイボックスが運営する「みなみそうまラーニングセンター」は、
福島県南相馬市で発達障がいや不登校などの個別支援の必要性が高い子どもたちを対象とした学習支援や小集団での社会的スキルのトレーニング、ご家族の教育相談などを行っています。

南相馬市の南端は、福島第一原発からわずか10キロ。市内は帰還困難区域や居住制限区域、
避難指示解除準備区域という様々な区域に分けられており、今も様々な課題に直面しています。

そんな課題の中、前を向いて着実に成長している子どもたちの様子とみなみそうまラーニングセンターの今後のビジョンをお伝えします。

発達障がいのあるこどもとご家族は、震災直後から、「避難地獄」とメディアで表現されるほどの苦しみを味わってきました。

原発から20キロ圏内に住んでいたA君は4歳で発達障がいと診断され、震災前までは別の療育施設でサポートを受けていました。大勢の中で過ごせないため、仮設住宅にも居づらくなり、
親子で精神的に追い詰められていました。
ラーニングセンターでのサポートが始まると、A君は少しずつ落ち着きを取り戻してきました。
少人数の集団の中に入ることができるようになり、家での生活も安定し、親のストレスも減ってきました。

>>>

現在、ラーニングセンターには約30人の生徒が通っています。
昨年10月に行われたハロウィンパーティーでは、自分達で衣装を手作りすることから始まり、飾り作り、インタビューへの答えを考えることなど、事前に準備することがたくさんありました。しかし、子どもたちはどれも一生懸命にがんばり、自分で何かに取り組む事、事前に準備をする大切さを学びました。
また、12月に行われたクリスマス会では、行事に初めて参加する子どももおり、いつもとは違った一面を見ることができました。事前の飾り作りから始まり、当日のケーキ作りやお手伝いまでを子どもたち全員が協力して行い、みんなで協力して作り上げる楽しさを学びました。

このような子どもたちの成長は、「心理ケアから学習支援まで個別の手厚いサポートの賜物」と、
今月、開催された保護者会でも感謝の声があがりました。
現状はスタッフ一人で6人の生徒を見ている状況ですが、今後はよりきめ細かいサポートを届けるために一人で4.5人の生徒を目指しています。また、ラーニングセンターの定員はいっぱいで待機児童や
週2日~3回といった制限付で通所をお願いしている状況です。

今後とも皆さまのご支援を通じて、子どもたちへのさらに充実したサポート、
そして、待機児童ゼロを目指していきたいと考えています。

2014年度の活動報告はこちらをご覧ください。
http://www.hatachikikin.com/activity/smile

>>

2. 【ご案内】ハタチ基金代表理事の今村がNHK Eテレ「東北発☆未来塾」に出演いたします。

認定特定非営利活動法人カタリバで高校生を中心とした子ども・若者に向き合い続けてきた今村が
「やる気を引き出す力」をテーマに講師として出演いたします。
ハタチ基金の支援事業である被災地の放課後学校「コラボ・スクール」
(宮城県女川町、岩手県大槌町) の取り組みも紹介される予定です。
4週にわたって出演いたしますのでぜひご覧ください。

▼NHK Eテレ「東北発☆未来塾」(毎週月曜 午後11時00分~11時20分)
http://www.nhk.or.jp/ashita/miraijuku/index.html

(放映日)
2016年2月1日、2月8日、2月15日、2月22日

>>

3. ご支援方法について

【ご寄付でのご支援】

▼呼びかけ人(サポート会員)として毎月支援する
http://www.hatachikikin.com/shien/personal

▼都合に合わせて都度支援する
http://u111u.info/koPO

▼1日1クリック、クリック募金にご協力ください
http://www.kddi.com/corporate/kddi/csr/kibou/main.html

【ハタチ基金を周りの方に広めるご支援】

▼チャリティーイベント・商品についての事例ご紹介
http://hatachikikin.com/charity

▼Facebook
http://www.facebook.com/hatachikikin

▼Twitter
http://twitter.com/hatachikikin

 ※「いいね!」やシェア、リツイートなどにご協力ください。

>>>

4. 2015年12月のご寄付のご報告

 ●寄付金額合計:12,209,598円 
 ●寄付件数合計 :1,105件
 ○呼びかけ人(継続):2,358,000 円 1,036件
 ○個人(都度): 2,363,700円 43件
 ○法人・団体(都度):7,487,898 円 26件
 ※クレジットカードでのご寄付は申込み月での数値となっております。

>>>