h1

家庭の悩みにより深く寄り添う保育園を目指して【活動レポート】
2018年10月9日

ハタチ基金の助成対象である認定NPO法人フローレンスは、仙台市内で「おうち保育園」という小規模認可保育所を運営しています。

おうち保育園仙台の最近の様子について、ご紹介いたします。


フローレンスが運営する「おうち保育園」は、0~2歳の乳幼児を定員12名以上22名以下という少人数でお預かりしています。

現在、仙台市青葉区には「おうち保育園」を3園運営しています。

そんな「おうち保育園」では、親子の笑顔をさまたげる社会課題に向き合い、伴走してゆくべく、現場スタッフが日々奮闘しています。

2017年度から始まった「保育ソーシャルワーク」の取り組みにおいては、仙台支社に「保育ソーシャルワーカー」を配置し、現場スタッフとともに親子が抱える様々な問題に取り組んでいます。

昨年から始まったこの取り組みですが、卒園した保護者の方からは、SNSを通して大変あたたかな言葉をいただきました。

一部抜粋して、ご紹介いたします。

**********(ここから抜粋)***********

初めまして?仙台のおうち保育園に通っていた者です(*^^*) とても感動したので感謝をお伝えしたいと思いメッセージを書いています。

……おうち保育園さんへ通いはじめてから、園長先生を初め先生方が良いところをたくさん褒めてくれて伸ばしてくれたお陰で言葉も3語文話せるようになったり、お友だちに優しくしたり、おもちゃを貸してあげたりと、家では絶対に喧嘩になるか泣き叫んでしまってたのに、落ち着いて過ごせるようになったのが本当に嬉しかったです。

お散歩も毎日連れていってくれ、嫌な顔せずにフォローして頂き心から感謝しています。こんなに素敵な先生方にもっと早くから出会いたかったです?愛情を持って温かく関わってくれ何より他の子と同じように接してくれたのが救いでした。本当にありがとうございました。

今日は二人とも最後の登園でした。 先生方が作品集を作ってくれていてメッセージも細かく書いてくれていて感激しました。帰宅してからじっくり読んでいたら涙が溢れました。本当に寂しいです。

(中略)おうち保育園を作ってくれて本当に本当にありがとうございます?
先生方に感謝を伝えましたが、是非この活動を続けてください。 仙台にも病児保育が出来るのを期待しています。

***********(ここまで)**********

育児の悩みは本当に人それぞれ。そして、パッと見てわかるものばかりでもありません。

おうち保育園では、お迎え時などの小さな時間でも、一日のこどもの様子をお伝えしながら、小さなきっかけも見逃さないよう、細かなコミュニケーションを大切にしています。

 


 

■ハタチ基金のご支援方法についてはこちら

▼呼びかけ人(毎月の継続寄付会員)として毎月支援する

http://www.hatachikikin.com/shien/personal

▼都合に合わせて都度支援する
http://www.hatachikikin.com/shien/tudo/donate
【ハタチ基金を周りの方に広めるご支援】

▼チャリティーイベント・商品についての事例ご紹介
http://hatachikikin.com/charity

▼Facebook
http://www.facebook.com/hatachikikin

▼Twitter
http://twitter.com/hatachikikin

※「いいね!」やシェア、リツイートなどにご協力ください。